【サクッとわかる】granting/granted thatの意味・用法【○○に要注意!】

接続詞

 

今回はgranting/granted that SV-についてまとめてみたいと思います。

 

たまに出てくるこの表現。実は、ある箇所に少し注意を要します。

 

意味は? どこに注意すべきなのか?

 

サクッとまとめてみたいと思います。

 

granting/granted thatの意味・用法

granting/granted thatの意味・用法はコチラです。

 

ポイント
  • granting/granted that SV-: 仮にSV-としても

  注意点①:thatは省略可能

  注意点②:grantedの方が普通

  注意点③:that節内は仮定法にならない

 

 

 

I think that SV-などと同様、thatは省略可能です。また、どちらかというとgrantedの方が普通です。

 

 

さらに、that節内は仮定法にならない点にも注意です。「仮に」という意味ではあるのですが、ここがifとは違う点ですね。

 

※「仮定法って?」という方はこちらの記事をお読みください。死ぬほどわかりやすく説明しています。

【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し

 

 

例文はコチラです。

Granting that he is right, we won’t approve of him.

Granted that he is right, we won’t approve of him.

(仮に彼が正しいとしても、我々は彼のことを認めない)

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント