【知ってた?】最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由

比較

 

今回は最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ場合について解説します。

 

 

一見「?」な表現ですが、理屈を考えると一発で理解できますよ!

 

 

最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由

最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由を考えてみましょう。

 

まずは例文を見てください。

The strongest man cannot beat a bear.

(最も強い人間でさえ、クマには勝てない)

 

 

主語に最上級表現「最も強い男」が来ている点に注目です。

 

 

なんとかしてクマに勝ちたい、クマをやっつけたい…

 

 

そんな希望を持った人類は、クマに勝つために「最も強い人間」を持ってくるわけです。

 

人類最強の男。ウィル・スミス。彼が負けたら地球は終わりです。

 

しかし、やはり彼もクマには勝てない。

 

 

そんなとき、皆さんは心の中で何を思うでしょう?

 

 

そう。

 

 

「彼でも勝てなかった」「彼でさえダメか」

 

 

いずれも、「even: ~でさえ」を含んだつぶやきですね。

 

このように、最上級表現がevenの意味を含むことがあるのですね。

 

 

これはevenの省略と考えてもOKなので、最初の例文は次のように書き換えてもOKです。

The strongest man cannot beat a bear.

Even the strongest man cannot beat a bear.

(最も強い人間でさえ、クマには勝てない)

 

 

他にも、同様の表現を用いた例文をいくつか紹介しておきます。

こうしてみると、最上級表現が主語にくるパターンが多いですね。

The wisest man cannot solve the problem.

(最も賢い人間でさえ、その問題は解けない)

 

The fastest spaceship would not reach the star in an hour.

(最も速い宇宙船でさえ、1時間でその星に着くことが出来ない)

 

 

理屈さえ理解出来れば覚えるのはカンタンですね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント