【知ってた?】最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由

比較

 

今回は最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ場合について解説します。

 

 

一見「?」な表現ですが、理屈を考えると一発で理解できますよ!

 

 

最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由

最上級がeven「~でさえ」の意味を持つ理由を考えてみましょう。

 

まずは例文を見てください。

The strongest man cannot beat a bear.

(最も強い人間でさえ、クマには勝てない)

 

 

主語に最上級表現「最も強い男」が来ている点に注目です。

 

 

なんとかしてクマに勝ちたい、クマをやっつけたい…

 

 

そんな希望を持った人類は、クマに勝つために「最も強い人間」を持ってくるわけです。

 

人類最強の男。ウィル・スミス。彼が負けたら地球は終わりです。

 

しかし、やはり彼もクマには勝てない。

 

 

そんなとき、皆さんは心の中で何を思うでしょう?

 

 

そう。

 

 

「彼でも勝てなかった」「彼でさえダメか」

 

 

いずれも、「even: ~でさえ」を含んだつぶやきですね。

 

このように、最上級表現がevenの意味を含むことがあるのですね。

 

 

これはevenの省略と考えてもOKなので、最初の例文は次のように書き換えてもOKです。

The strongest man cannot beat a bear.

Even the strongest man cannot beat a bear.

(最も強い人間でさえ、クマには勝てない)

 

 

他にも、同様の表現を用いた例文をいくつか紹介しておきます。

こうしてみると、最上級表現が主語にくるパターンが多いですね。

The wisest man cannot solve the problem.

(最も賢い人間でさえ、その問題は解けない)

 

The fastest spaceship would not reach the star in an hour.

(最も速い宇宙船でさえ、1時間でその星に着くことが出来ない)

 

 

理屈さえ理解出来れば覚えるのはカンタンですね!

 

おわりに

いかがでしたか? ちょっと興味深いa hundred and one/a thousand and one/a million and oneの意味でした。

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書をいくつか挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 英文法・語法 Vintage 3rd Edition
  4. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

英文法・語法 Vintage 3rd Editionは大学受験用の参考書ですが、単元別に重要表現が網羅的にまとめられているのでおススメです。語法もコンパクトにまとめられているので、手元にあると重宝します。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

コメント