A is to B what C is to Dの訳を一発で覚える【徹底解明】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はA is to B what C is to Dについて解説します。これは「AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じだ」と訳します。知らないと出来ませんね。

 

どうしてそんな和訳になるの?

 

 

この記事では、「なぜそんな和訳になるか?」というみなさんの疑問にもお答えしたいと思います。

 

覚え方は「A→B = C→D」

A is to B what C is to Dの和訳は、「AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じだ」です。

 

 

日本語だけ見てもよくわからない…

 

簡単に覚えるためには、イメージで考えます。前置詞toに注目です。

 

toってどんな意味だっけ?

 

 

toは「矢印が到達する」という意味です。

 

“I go to Yokohama. (わたしは横浜へ行く)”であれば、わたしが横浜に到着することを意味として含むんですね。つまり、「I→Yokohama」ということです。

 

 

これを今回の構文 A is to B what C is to D で考えてみましょう。

 

細かいところは無視して、「A to B」「C to D」という2つのカタマリがあるのはわかりますか? ここを、先ほどの矢印のイメージで理解してください。

 

つまり、「A→B」「C→D」です。玉突きのようなイメージです。ここから「Bに対するA」「Dに対するC」という日本語訳が出てきます。

 

あとは「A→B」と「C→D」をイコールでつなげば終わり。「A→B = C→D」ですね。日本語にすれば、「AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じだ」です。下の図のイメージで覚えてしまうのが簡単だと思います。

 

 

最後に例文でも見てみます。

Exercise is to the body what thinking is to the brain.

(運動の身体に対する関係は、思考の脳に対する関係と同じだ)

 

「Exercise→the body  =  thinking→the brain」という関係が成り立っていますね。

 

元の語順はA is [what C is to D] to B

ここから先は少しマニアックな説明になります。

 

実は今回の構文、元の語順はA is [what C is to D] to Bだったんですね。

 

Aが主語で、[what C is to D]が補語、Bが副詞句になっています。whatは関係代名詞ですね。「~するコト」と訳します。

 

直訳すると、「Aは、〔CがDにとってそうであるコト〕がBにとってそうである」でしょうか。わかりにくいですね。

 

おわりに

いかがでしたか。とりあえずこの構文は「A→B = C→D」のイメージで捉えるのが、覚え方としては最も効率的ですね。イメージで覚える、というのは英語の本質的な意味を理解することにもつながるので、決して悪いことではないと思います。

 

それでは本日はここで。またお会いしましょう!


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント