timeを使った接続詞まとめ【every time/each time ~するときはいつでも等】

接続詞

今回はtimeを使った接続詞をまとめてみました。これがわかると、読解のみでなく、英作文の幅がぐっと広がるハズです!

 

timeを使った接続詞まとめ (every time, each time, the last timeなど)

timeを含む接続詞を列挙します。

 

timeを含む接続詞

・every time SV / each time SV: SVするときはいつでも、SVする度に

 Every time I visit his house, his father is absent.

(わたしが彼の家を訪ねるときはいつでも、彼の父親は不在である)

 

・the first time SV: 初めてSVするときに

 The first time I met him, I liked him.
 (わたしが初めて彼に会ったとき、わたしは彼のことを好きになった)

 

・(the) next time SV: 次にSVするときに
 Next time I come, I’ll bring my son.
 (次にわたしが来るときは、わたしは息子を連れてきます)

 

・the last time SV:最後にSVするときに
 The last time I met him, he looked tired.
 (最後にわたしが彼に会ったとき、彼は疲れて見えた)

 

・any time SV: SVするときはいつでも
 Any time you need me, you can call me.
 (君がぼくを必要とするときはいつでも、君はぼくに電話してね)

 

(the) next timeの用法について

(the) next timeについては、簡単に補足をしておきます。

ポイントは、「SVの時制」と「theの有無」です。

 

SVの時制

下の例文を見てください。何か違和感を覚えませんか?

 

 Next time I come, I’ll bring my son.
 (次にわたしが来るときは、わたしは息子を連れてきます)

 

“I come”の部分が現在系になっているんですね。「次のコト」という未来の出来事を話しているにもかかわらず、”I will come”とはなっていないんです。

 

これは、「時・条件の副詞節ではwillを使わない」というルールがあるためです。

 

「時・条件の副詞節」というのは、「~するとき(時)」や「もし~するなら(条件)」といったものを指します。whenやifなんかがそうですね。

 

今回の”next time”も同じです。「次のとき」というときの副詞節なので、その中でwillを使用することはできません。

 

 

(the) next time

お次はtheの有無について。

 

最初に宣言しますが、これ、興味ない方は読まなくてもOKです。ムチャクチャ細かい話なので、時間がない方は飛ばしちゃってください。

 

***

 

(the) next time SVで「次にSVするときは」ですが、これ、theはあってもなくてもいいんですね。

 

なぜか?を考えるとき、theの役割について触れる必要があります。

 

theって何かを特定する働きを持っているんですね。たとえばthe penであれば、「去年後輩からもらったペン」みたいに、何か特定のペンを意味するんです。そこら辺に転がっているペンではいけないのです。

 

で、(the) next time SVに話を戻しましょう。

 

「次にSVするとき」を特定の出来事としてハッキリ意識しているのかどうかで、theの有無が変わってくるんですね。

 

「次に~するとき」って言うとき、まだその「次のとき」は来てないわけじゃないですか。だから漠然とした「次のとき」を考えるだけでも話せてしまうんです。そんなとき、theは使いません。なぜなら、「特定の次のとき」をそこまでハッキリ考えているわけじゃないから。

 

一方、「次のとき」をハッキリ意識しているのであれば、theがつくというわけです。

 

ただ、これは正直どちらでも良いです。theがあるパターンとないパターンをそれぞれネットで調べてみましたが、「theがないパターンの方がじゃっかん多いかな?」程度でした。

 

おわりに

最後は少し細かくなってしまいました。最初のうちは細かい箇所は無視しちゃってOKです。最初から完璧を目指すと挫折するので。

 

まずは基本的な言い回しを暗記して、英作文で実際に使ってみてくださいね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント