【図解】by the time, until, tillの意味と違い

英文法

今回はby the time, until, tillの意味と違いについて紹介します。

 

単なる日本語訳だけでは違いが見えづらいので、

図入りで解説したいと思います。

 

by the time, until, tillの意味と違い

まず、untilとtillはほぼ同じ意味です。

 

「untilが書き言葉、tillが話し言葉で使われやすい」という違いはありますが、

特に気にしなくても良いです。

 

 

 

そして、by the timeとuntil / tillの違いは下記の通りです。

 

 

by the timeとuntil / tillの違い
  • by the time SV: SVするまでに(期限に焦点)
  • until / till SV: SVするまでずっと(継続性に焦点)

 

詳しく見ていきましょう!

 

by the time SV: SVするまでに(期限に焦点)

「SVするまでに」という訳からもわかるように、

by the time SVは期限に焦点を当てている表現です。

 

 

例文で見てみましょう。

You must finish the work by the time I come back.

(わたしが戻ってくるまでに、君はその仕事を終えなければいけない)

 

 

by the timeは、「わたしが戻ってくる瞬間」に焦点が当たった表現なのです。

 

下の図で言うと、矢印の終わりの部分です。

 

 

 

 

「ここまでに〇〇しないと、タダじゃおかねえからな!」

 

by the timeは、矢印の終わり、期限を意識した発言で使える表現です。

 

 

 

※前置詞byが持つイメージは、下記の記事に詳しくまとめてあります。ご興味あれば是非。

【本質から理解!】前置詞byのイメージとは

 

until / till SV: SVするまでずっと(継続性に焦点)

「SVするまでずっと」という訳からもわかる通り、

until SV は継続性に焦点を当てている表現です。

 

例文で見てみましょう。

You must wait here until I come back.

(わたしが戻ってくるまでずっと、君はここで待っていなければならない)

 

 

until / tillは、「わたしが戻ってくるまでのあいだ」に焦点が当たった表現です。

 

下の図で言うと、矢印そのものの部分です。

 

矢印の終わりの部分に意識がない、といえばウソになるんですが、矢印の途中部分に意識を向けている表現なのです。

 

「ずっと待っていてね!」という例文からもわかる通り、

これは途中の継続性も気にした発言ですよね。

 

 

たとえば「トイレ行くから荷物見て待っていてね」とお願いされた相手が、途中に一瞬でも席を立ったらダメじゃないですか。ずうっと荷物を見ていなくちゃいけないんです。途中経過、継続性が大切なんです。だから今回の例文ではuntil / tillを使っているんです。

 

というわけで、until / tillは矢印の途中経過、継続性を意識した発言で使える表現です。

 

by 名詞、until / till 名詞のパターン

上の例文では後ろにSVのカタマリ(文法用語では節といいます)が来ていましたが、

単なる名詞を持ってくるのもアリなんですよね。

 

ただ、基本的な意味は全く変わりません。byは期限、until / tillは継続性を重視した訳になります。

 

 

下はその例文です。それぞれ後ろにthe eveningという名詞が置かれています。

You must finish the work by the evening.

(夕方までに、君はその仕事を終えなければいけない)

 

You must wait here until the evening.

(夕方までずっと、君はここで待っていなければならない)

 

おわりに

いかがでしたか?文法問題の鉄板ネタですので、ぜひこれを機会にマスターしてくださいね!

英作文や英会話の武器にもなることでしょう。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 参考記事:by the time, until, tillの意味と違い […]