【図解】by the time, until, tillの意味と違い

接続詞

 

今回はby the time, until, tillの意味と違いについて紹介します。

 

単なる日本語訳だけでは違いが見えづらいので、

図入りで解説したいと思います。

 

by the time, until, tillの意味と違い

まず、untilとtillはほぼ同じ意味です。

 

「untilが書き言葉、tillが話し言葉で使われやすい」という違いはありますが、

特に気にしなくても良いです。

 

 

 

そして、by the timeとuntil / tillの違いは下記の通りです。

 

 

by the timeとuntil / tillの違い
  • by the time SV: SVするまでに(期限に焦点)
  • until / till SV: SVするまでずっと(継続性に焦点)

 

詳しく見ていきましょう!

 

by the time SV: SVするまでに(期限に焦点)

「SVするまでに」という訳からもわかるように、

by the time SVは期限に焦点を当てている表現です。

 

 

例文で見てみましょう。

You must finish the work by the time I come back.

(わたしが戻ってくるまでに、君はその仕事を終えなければいけない)

 

 

by the timeは、「わたしが戻ってくる瞬間」に焦点が当たった表現なのです。

 

下の図で言うと、矢印の終わりの部分です。

 

 

 

 

「ここまでに〇〇しないと、タダじゃおかねえからな!」

 

by the timeは、矢印の終わり、期限を意識した発言で使える表現です。

 

 

 

※前置詞byが持つイメージは、下記の記事に詳しくまとめてあります。ご興味あれば是非。

【本質から理解!】前置詞byのイメージとは

 

until / till SV: SVするまでずっと(継続性に焦点)

「SVするまでずっと」という訳からもわかる通り、

until SV は継続性に焦点を当てている表現です。

 

例文で見てみましょう。

You must wait here until I come back.

(わたしが戻ってくるまでずっと、君はここで待っていなければならない)

 

 

until / tillは、「わたしが戻ってくるまでのあいだ」に焦点が当たった表現です。

 

下の図で言うと、矢印そのものの部分です。

 

矢印の終わりの部分に意識がない、といえばウソになるんですが、矢印の途中部分に意識を向けている表現なのです。

 

「ずっと待っていてね!」という例文からもわかる通り、

これは途中の継続性も気にした発言ですよね。

 

 

たとえば「トイレ行くから荷物見て待っていてね」とお願いされた相手が、途中に一瞬でも席を立ったらダメじゃないですか。ずうっと荷物を見ていなくちゃいけないんです。途中経過、継続性が大切なんです。だから今回の例文ではuntil / tillを使っているんです。

 

というわけで、until / tillは矢印の途中経過、継続性を意識した発言で使える表現です。

 

by 名詞、until / till 名詞のパターン

上の例文では後ろにSVのカタマリ(文法用語では節といいます)が来ていましたが、

単なる名詞を持ってくるのもアリなんですよね。

 

ただ、基本的な意味は全く変わりません。byは期限、until / tillは継続性を重視した訳になります。

 

 

下はその例文です。それぞれ後ろにthe eveningという名詞が置かれています。

You must finish the work by the evening.

(夕方までに、君はその仕事を終えなければいけない)

 

You must wait here until the evening.

(夕方までずっと、君はここで待っていなければならない)

 

おわりに

いかがでしたか?文法問題の鉄板ネタですので、ぜひこれを機会にマスターしてくださいね!

英作文や英会話の武器にもなることでしょう。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] 参考記事:by the time, until, tillの意味と違い […]