【~するとすぐに】 as soon asの言い換えと用法まとめ【had no sooner than】

接続詞

 

英語の熟語表現で「~するとすぐに」と聞いたら、”as soon as~”という表現を真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。

 

今回は「~するとすぐに」の言い換え表現と、その使い方をまとめてみました。

 

「~するとすぐに」の言い換えまとめ

言い換え表現はコチラ!と言いたいところですが、まずは基本となるas soon asの解説から。

 

as soon asの用法

まずはas soon as~の使い方を見てみましょう。用法は2つです。

 

as soon asの用法
  1. as soon as possible: 出来るだけ早く
  2. as soon as SV: SVするとすぐに

 

 

例文はコチラ。

 

  1. Please give me a reply as soon as possible. (できるだけ早くお返事ちょうだいね)
  2. He left home as soon as he heard the news. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た)

 

1の方は、頭文字だけをとってasap(アサップ)などというように略されたりもします。この表現はそのまま覚えましょう。

 

今回、言い換え表現をまとめるのは2の方の言い回し。as soon as SVは「SVするとすぐに」という意味の接続詞です。文と文とをつなぎ、副詞節を作ります。

 

as soon as言い換え表現

as soon as SVの言い換え表現はコチラ。「瞬間」、「秒」、「分」など、短い時間と関係する単語が多く含まれています。

 

as soon as SV言い換え表現

as soon as SV: SVするとすぐに

= the moment SV(momentは「瞬間」)

= the instant SV(instantは「瞬間」)

= the minute SV(minuteは「分」)

= the second SV(secondは「秒」)

= instantly SV

= immediately SV

= directly SV

the moment SVで例文を作ってみます。(どの表現も使い方は同じです)

 

The moment he heard the news, he left home. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た)

He left home the moment he heard the news. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た)

 

 

the moment SVのカタマリは、前と後ろのどちらに来てもいいです。前に来たときは、”,(カンマ)”を忘れないようにしてください。

※細かいことを言うと、後ろに持ってきた文の方が情報として「大切」とみなされます。英語では、文の後ろの要素ほど重要視されます。なので、上の例文は「彼が家を出たこと」、下の例文は「知らせを聞くとすぐ」の部分を強調しているというわけですね。

 

「~するとすぐに」の言い換えまとめ【応用編】

as soon as SVの言い換え表現で、少し難しいですが下記のようなものもあります。

 

as soon as SV言い換えまとめ【応用】

as soon as SV: SVするとすぐに

 

= S had hardly Vp.p. when S’ V’

= Hardly had S Vp.p. when S’ V’ *

(どちらも、hardly⇒scarcely, when⇒beforeへ単語を変更してもOK)

 

= S had no sooner Vp.p. than S’ V’

= No sooner had S Vp.p. than S’ V’  

 

S had hardly Vp.p. when S´ V´

まずは一番上の言い回しを解説します。

 

He had hardly heard the news when he left home. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た = 彼が家を出たとき、彼はその知らせをほとんど聞いていなかった)

 

和訳の後ろの方を見てください。あえて直訳調にしてあります。

 

出来事の時系列は「had heard (聞いた)→left (出た)」なんですね。

なぜなら、had heardは大過去だからです。heardよりも前に起きているんです。

 

 

ただ、had heardにhardlyという単語がくっついています。

 

hardlyは「ほとんど~していない」という意味の単語です。つまり「had hardly heard→left」という出来事を順番に直訳すると、「ほとんど聞いていなかった→出た」という意味になります。

 

 

知らせを聞いた瞬間、「マジで?!」と驚いたのかもしれません。だから、その知らせをほとんど聞くことなく、すぐさま家を出た。だから、「知らせを聞くとすぐ、家を出た」という訳になるんです。

 

Hardly had S Vp.p. when S´ V´

一番上の言い回しが理解できれば、二番目はカンタンです。

 

Hardly had he heard the news when he left home. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た = 彼が家を出たとき、彼はその知らせをほとんど聞いていなかった)

 

 

これ、「hardly: ほとんど~ない」という単語が文頭にくることによって、”he had heard”が”had he heard”と倒置しているんです。否定的な単語が文頭にくると、SとVは逆になるんですね。

 

S had no sooner Vp.p. than S´ V´

三番目の言い回しも似た要領です。

 

He had no sooner heard the news than he left home. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た = 彼が家を出るのよりも、彼がその知らせを聞いたのは早くなかった)

 

これも直訳で考えればわかります。

 

soonerは「より早い」という意味の単語ですが、これがnoによって否定されています。つまり、出来事の時系列は「had heard ≒ left」だといっているわけです。

 

そのため、「~するとすぐ」という訳になっているわけですね。

 

No sooner had S Vp.p. than S´ V´

これは倒置が起きたパターンです。「No sooner: 早くない」という否定的な語が文頭に来たために、SVの倒置が起きています。

 

No sooner had he heard the news than he left home. (彼はその知らせを聞くとすぐ、家を出た = 彼が家を出るのよりも、彼がその知らせを聞いたのは早くなかった)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

これらの言い回しは、丸暗記ではなく、直訳から考えると覚えやすいです。

 

並べ替え問題なんかでよく狙われるので、ぜひマスターしてくださいね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・【~するとすぐに】 as soon asの言い換えと用法まとめ【S had no sooner Vp.p. than S’ V’】 […]

  2. […] ※No sooner ~とHardly (Scarcely)~についてはコチラの記事(【~するとすぐに】 as soon asの言い換えと用法まとめ【had no sooner than】)で詳しく解説しています。 […]