【目次】比較表現

比較

 

比較表現の目次です。

 

as系、than系、最上級系、その他でざっくり分けてあります。

(下の方に記事のポイントを簡単にまとめてあります。これを読んで「どういうこと?」となったら、記事を読んで疑問を解消すればバッチリです!)

 

 

<as系>

【…のX倍~】英語の倍数表現 一覧【X times as~as…】

A X times as 原級 as B:AはBのX倍 原級だ  *

A X times 比較級 than B:AはBのX倍 比較級だ (twiceや分数倍での使用は不可)

A X times the 名詞 of B:AはBのX倍 名詞だ

* 「2倍」はtwiceのみで表現。また、「分数倍(1/3倍など)」のときもtimesを付けない

 

as~asを使った熟語表現10選【比較級 構文】

as many A as~ / as much A as~:~と同じ数 / 量のA

as many as A / as much as A:Aもの(数 / 量にビックリする気持ち)

~as many A:~と同じ数のA

not so much A as B:AというよりむしろB

not so much as V:Vさえしない

as 原級 as S can / as 原級 as possible:できるだけ原級

as 原級 as any:どれにも劣らない原級

as 原級 as ever lived:きわめてすぐれた原級

as good as 形容詞:形容詞も同然である

go so far as to V:Vしさえする

 

as~asを使った熟語表現10選【比較級 構文】

as many A as~ / as much A as~:~と同じ数 / 量のA

as many as A / as much as A:Aもの(数 / 量にビックリする気持ち)

~as many A:~と同じ数のA

not so much A as B:AというよりむしろB

not so much as V:Vさえしない

as 原級 as S can / as 原級 as possible:できるだけ原級

as 原級 as any:どれにも劣らない原級

as 原級 as ever lived:きわめてすぐれた原級

as good as 形容詞:形容詞も同然である

go so far as to V:Vしさえする

 

【~するとすぐに】 as soon asの言い換えと用法まとめ【S had no sooner Vp.p. than S’ V’】

as soon as SV: SVするとすぐに

= S had hardly Vp.p. when S’ V’

= Hardly had S Vp.p. when S’ V’ 

= S had no sooner Vp.p. than S’ V’

= No sooner had S Vp.p. than S’ V’  

 

【動詞に注意!】A as well as B とnot only B but also Aの意味とは

A as well as B、not only B but also A: B同様Aもまた、BだけでなくAもまた

どちらの表現も、動詞の形はAに一致

 

【ヤバい比較表現:that of~】文構造を揃えよう!

“The population of China is ten times as large as Japan.”は、

“The population of China is ten times as large as that of Japan.”と修正する必要がある

 

【類似表現5選】not so much A as Bとnot so much as Vの意味の違い

not so much A as B: AというよりむしろB
more B than A: AというよりむしろB
B rather than A: AというよりむしろB

not so much as V: Vさえしない
without so much as Ving: Vさえしないで (語尾の訳が若干異なります)

 

【原級⇔比較級の書き換え】not as ~ as = less ~ thanの意味・用法

A is not as ~ as B: AはBほど~ではない

A is less ~ than B: AはBより~ではない

 

※どちらも「A<B」という関係が成立

 

【この上なく~】as~ as can beの訳とは

as ~ as (…) can be: この上なく~

 

 

<than系>

3歳年上を英語で言うと?【by, than, senior】

〇〇歳年上

He is three years older than I.

= He is older than I by three years.

= He is three years senior to me.

= He is senior to me by three years.

(彼は私より3歳年上だ)

 

no more than / no less than / not more than / not less than 意味まとめ

no more than:たったの~ (=only) ←「上回らないのか…」という主観
no less than:なんと~も (=as ~as) ←「下回らないの?!」という主観

not more than:せいぜい~ (=at (the) most) ←「上回らない」という客観
not less than:少なくとも~ (=at (the) least) ←「下回らない」という客観

 

【the 比較級, the 比較級】実は奥が深いthe more, the more

<基本>

the 比較級 SV, the 比較級 SVで「SVするほど、ますますSVだ」という訳

the 比較級の部分には形容詞、副詞がくる

the 比較級の部分に、形容詞+名詞が一緒にくることもある

the lessとの組み合わせもある

 

<応用>

SV部分が省略されることがある

SV部分が倒置することがある

主節(二つ目のSV)が前に出てきてSV the 比較級 the 比較級 SVとなることがある

 

【more and more】ますます~ を英語で言うと?【比較級 and 比較級】

比較級 and 比較級:ますます~

 

【BというよりむしろA】more A than B 意味と類似表現まとめ

more A than B:BというよりむしろA(A>B)

= rather A than B

= A rather than B

= more of A than B (←A, Bが名詞のときのみ)

= less B than A

= not so much B as A

 

more or less「多かれ少なかれ」

more or less: 多かれ少なかれ

 

all the more, none the more, none the lessの意味と違いとは

 <all the 比較級+理由>

  • all the 比較級 because SV:SVなので、いっそう~
  • all the 比較級 for A:Aなので、いっそう~

 

 <none the 比較級+理由>

  • none the 比較級 because SV:SVだからといって、少しも~ない
  • none the 比較級 for A:Aだからといって、少しも~ない

 

 <none the less+理由>

  • none the less because SV:SVにもかかわらず、~だ
  • none the less for A:Aにもかかわらず、~だ

 

【徹底解明!】all the more~ because… の位置について

  • He is beautiful all the more because he has faults.⇒NG!
  • He is all the more beautiful because he has faults.⇒OK!

 

 

<最上級系>

【theを付けない場合とは?】最上級の基礎まとめ

<原則>

  • the + -est /the most + 原級の形をとる
  • 三つ以上のものを比べる場合に使う(後ろにinやofなどを伴う)
  • inの後ろは単数名詞、ofの後ろは複数名詞

 

<例外:theを付けない場合>

  • 副詞は、theを付けても/付けなくても良い(後ろにinやofのカタマリを伴う場合に付きやすい。また、アメリカ英語ではtheを付ける傾向)
  • 形容詞の叙述用法のときは、theを付けても/付けなくても良い(後ろに名詞が省略されているときはtheを付ける)
  • 同一の人/モノの中での比較のときは、theを付けない
  • 程度の高さを漠然と示すときは、theを付けないことがある
  • 一部の熟語ではtheを付けないことがある

 

【the 序数 -est】「二番目に大きい」「三番目に大きい」を英語で何て言う?

the+序数+最上級

(二番目に大きい→the second largest)

(三番目に大きい→the third largest)

 

one of the most A~の意味とは?

one of the -est 複数名詞: 名詞の中で最も-な一つだ

= among the -est 複数名詞

 

He is one of the tallest boys in his class.

He is among the tallest boys in his class.

(彼は、彼のクラスで最も背の高い少年の一人だ)

 

The strongest man cannot beat a bear.

(最も強い人間でさえ、クマには勝てない)

 

【the last person】the last 名詞 to V / 関係代名詞とは【意味・用法】

the last 名詞 to V: 決してVしない名詞

the last 名詞 関係代名詞: 決して関係代名詞しない名詞

 

likeとloveの比較級はbetter/ moreのどっちが正しい?

likeとloveの比較級はbetter/ moreどちらもOK

最上級も同じく、best/mostどちらもOK

 

 

<その他>

 

ラテン語語源の比較表現まとめ【prefer / superior / inferior…】

prefer A to B:BよりAを好む

 

prior to A:Aより前に

superior to A:Aより優れている
inferior to A:Aより劣っている

senior to A:Aより年上
junior to A:Aより年下

 

比較級や最上級の強調表現まとめ【by far, much 他】

比較級 最上級
by far(とても)
far(とても) ×
far and away(とても)
much(とても)
very(とても) ×
a lot, lots(とても) ×
a great deal, a good deal(とても) ×
considerably(とても) ×
even(いっそう) ×
still(いっそう) ×
yet(いっそう) ×
somewhat(やや) ×
rather(やや) ×
a bit, a little bit(少し) ×

〇→使用OK、△→条件付きでOK、×→使用NG

 

【違いがわかる?】make the most of / make the best ofの意味

make the most of~: (有利な機会や条件などを)~を最大限に生かす、うまく活用する

make the best of~: (不利な機会や条件などを)~を最大限に利用する、なんとかうまく切り抜ける

 

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント