【完全版】強調構文の意味・作り方まとめ【疑問詞の強調構文も】

倒置・否定・省略・強調

 

今回は強調構文の作り方についてまとめてみました。

 

一体どのような意味・作り方になるのか? ポイントはなんなのか? さらに、疑問詞の強調構文はどうしてWhat is it~?のような形になるのか?

 

超わかりやすくサクッとまとめてみました!

 

強調構文の意味・作り方まとめ

強調構文の意味・作り方まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
<基本ルール>
  • まずは元となる文を用意
  • 強調したい要素を”It is~that…”の “~”部分に挟む
  • 残りの部分は”…”部分にそのまま置く
  • 通常、強調するのは名詞か副詞

 

<+αルール>

  • 過去形の文については、”It was~that…”を使うのが普通(現在形isの使用もアリ)
  • 強調部分が人ならwho/whom、モノならwhich、時ならwhenを使用することもある(whom, which, whenの使用はまれ)
  • thatは省略されることもある
  • 疑問詞の強調構文は”What is it that…?”(It is what that…?が元の形。「疑問詞なのでwhatが前へ移動+it isが疑問文の語順になった」と考える)
  • 形式主語 (仮主語)との見分け方は、It is thatを取り外して考えた時、文として成立するかどうか。成立すれば強調構文、成立しなければ形式主語

 

 

具体的な例文付きで見ていきましょう。

 

具体例

今回は、

  • Tom played tennis with Mary yesterday. (トムは昨日メアリーと一緒にテニスをした)

という文を元に考えてみたいと思います。

 

基本パターン

まずは基本パターンからです。Tom played tennis with Mary yesterday.を元に考えてみましょう。

 

 

たとえば、Tomという要素を強調したいのであれば、

“It was~that…”の”~”部分にTomを入れて、”…”部分に残りの文をそのまま置きましょう。

(過去形なのでis⇒wasになっています)

 

つまり、

  • It was Tom
  • that played tennis with Mary yesterday

として、

 

  • It was Tom that played tennis with Mary yesterday. (昨日メアリとテニスをしたのは、トムだった)

となります。

 

 

名詞や副詞なら強調することが出来るので、

tennis (名詞)やwith Mary (副詞)、yesterday (副詞)も同様のステップで強調することが出来るのですね。

 

  • It was tennis that Tom played with Mary yesterday. (昨日トムがメアリとしたのは、テニスだった)
  • It was with Mary that Tom played tennis yesterday. (昨日トムがテニスをしたのは、メアリとだった)
  • It was yesterday that Tom played tennis with Mary. (トムがメアリとテニスをしたのは、昨日だった)

 

過去形なのにwas⇒isとなる場合

過去形が使われている場合はwasを使うのが原則ですが、isを使う場合もあります。(ただし、yesterdayのように過去の語句を強調する場合は、必ずwasを使用します)

 

  • It is tennis that Tom played with Mary yesterday. (昨日トムがメアリとしたのは、テニスだった)

 

who/whom, which, whenの使用

強調部分が人ならwho/whom、モノならwhich、時ならwhenを使用することもあります。

 

ただし、who以外については、あまり使用されることはありません。自分で英作文をする場合は、全てthatを使っておくと良いでしょう。

 

  • It was tennis which Tom played with Mary yesterday. (昨日トムがメアリとしたのは、テニスだった)
  • It was Tom who played with Mary yesterday. (昨日テニスをメアリとしたのは、トムだった)
  • It was with Mary whom Tom played tennis yesterday. (昨日トムがテニスをしたのは、メアリとだった)
  • It was yesterday when Tom played tennis with Mary. (トムがメアリとテニスをしたのは、昨日だった)

 

thatの省略

thatは省略されることもあります。

 

  • It was tennis (that) Tom played with Mary yesterday. (昨日トムがメアリとしたのは、テニスだった)
  • It was with Mary (that) Tom played tennis yesterday. (昨日トムがテニスをしたのは、メアリとだった)
  • It was yesterday (that) Tom played tennis with Mary. (トムがメアリとテニスをしたのは、昨日だった)

 

疑問詞の強調構文

疑問詞の強調構文です。これは難しいので、丁寧に確認していきます。

 

疑問詞の強調構文は”What is it that…?”が基本形になりますが、なぜこのような形になるのかは、下記のステップを踏めばわかります。

 

 

今回も下記のパターンを例に考えましょう。

  • Tom played tennis with Mary yesterday.

 

 

このうち、「トムは何をしたの?」のように、tennisの部分を尋ねる疑問文を作るとします。すると、下記のようになります。

  • Tom played what with Mary yesterday.

 

次に、強調する部分をIt was~that…の間に移動させ、その他の部分をthat以下に置きます。

  • It was what that Tom played with Mary yesterday.

 

さらに、疑問詞というのは、原則文の先頭に来なければいけません。whatを先頭に移動させます。

  • What it was that Tom played with Mary yesterday.

 

最後に、it wasを疑問文の語順にしてやれば、疑問詞を使った強調構文の完成です。

  • What was it that Tom played with Mary yesterday? (一体何を、トムは昨日メアリとしたのだろう?)

 

同じ要領で、下記のように疑問詞付きの強調構文を作ることが出来ます。

  • Who was it that played tennis with Mary yesterday? (一体誰が、昨日メアリとテニスをしたのだろう?)
  • With whom was it that Tom played tennis yesterday? (一体誰と、昨日トムはテニスをしたのだろう?)
  • When was it that Tom played tennis with Mary? (一体いつ、トムはメアリとテニスをしたのだろう?)

 

 

また、howやwhyについても同じような形で強調構文を作れます。

  • How was it that Tom finished his work? (いったいどうやって、トムは仕事を終わらせたのだろう?)
  • Why was it that Tom does not like her. (いったいどうして、トムは彼女のことが好きではないのだろう)

※それぞれ、”Tom finished his work in the way.”と”Tom does not like her for the reason.”という肯定文を前提にしています。

 

形式主語と強調構文との見分け方

最後に形式主語と強調構文の見分け方にも触れておきます。

 

見分け方は下記の通りです。

  • 形式主語:thatを取り外すと、文が成立しない
  • 強調構文:thatを取り外しても、文が成立する

 

 

たとえば、形式主語は下記の文で考えてみましょう。

  • It is a fact that Tom loves Mary. (トムがメアリを好きなのは事実だ)

 

ここでIt is thatを外すと、

  • A fact Tom loves Mary.

のように、文がうまく成立しません。

 

 

一方、Tom played tennis with Mary yesterday.を前提とした強調構文はどうでしょう。

  • It was tennis that Tom played with Mary yesterday.
  • It was with Mary that Tom played tennis yesterday.
  • It was yesterday that Tom played tennis with Mary.

 

 

It was thatを取り外して考えても、全てTom played tennis with Mary yesterday.という文が残されるので、文として成立しますね。(語順を少し入れ替える必要はありますが)

 

おわりに

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲しておきます。

 

ポイント
<基本ルール>
  • まずは元となる文を用意
  • 強調したい要素を”It is~that…”の “~”部分に挟む
  • 残りの部分は”…”部分にそのまま置く
  • 通常、強調するのは名詞か副詞

 

<+αルール>

  • 過去形の文については、”It was~that…”を使うのが普通(現在形isの使用もアリ)
  • 強調部分が人ならwho/whom、モノならwhich、時ならwhenを使用することもある(whom, which, whenの使用はまれ)
  • thatは省略されることもある
  • 疑問詞の強調構文は”What is it that…?”(It is what that…?が元の形。「疑問詞なのでwhatが前へ移動+it isが疑問文の語順になった」と考える)
  • 形式主語 (仮主語)との見分け方は、It is thatを取り外して考えた時、文として成立するかどうか。成立すれば強調構文、成立しなければ形式主語

 

 

なお、強調構文については下記の記事で詳しく説明していますので、よろしければぜひお読みください。

【決定版】It is~that…の見分け方【形式主語/強調構文/関係代名詞/同格that】

 

 

強調構文は入試などの試験で問われるばかりではなく、実際の文章でも多々見かける表現です。これを機会にぜひ習得してくださいね。何度か音読してみると頭に残りやすいです。

 

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
倒置・否定・省略・強調英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【完全版】強調構文の意味・作り方まとめ【疑問詞の強調構文も】 […]