【絶対分かる仮定法】I wish, If only, would that, would rather, How I wishの意味とは?【~ならなあ】

仮定法

 

今回はI wish、If only、would that、would rather、How I wishについて説明したいと思います。

 

実はコレ、仮定法の一種なのですね。

 

どのような訳・使い方をするのか確認していきましょう。3分程度で読めますよ!

 

I wish、If only、would that、would rather、How I wishの意味は「~ならなあ」

まずは、意味と用法をまとめておきましょう。

 

 

ポイント
<SV-ならよいのになあ>
  • I wish SV-
  • Would that SV-!
  • If only SV-!
  • How I wish S V-!
  • I would rather SV- (正確に言うとこれだけ少し訳が違い、「むしろSV-であればよいのだが」となります)

 

<注意点>
  1. 現在の話をしている ⇒Vは過去形を使用
  2. 過去の話をしている ⇒Vはhad Vp.p. (過去分詞)を使用
  3. 未来の話をしている ⇒Vはwould/couldを使用
  4. wishedが使われても時制の一致は受けない ⇒wishの時点を起点に現在・過去・未来なのかを考えて、Vの形を決定する

 

 

ポイントは、

現在の話をするときはVが過去形、

過去の話をするときはVがhad Vp.p.、

未来の話をするときはVがwould couldの形になる点です。

 

仮定法では、

本来使うべき時制より一つ後ろへ時制をずらすことで、「現実に反する」

という意味合いを出すことができるのでしたね。

 

 

※仮定法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

参考:【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し

 

 

また、I wishedのように、wishedの部分が過去形になった際、後ろのVの形に要注意です。

 

具体例

具体例を見ていきます。

 

Vが過去形

まずは、Vに過去形を使用しているパターンから見ていきましょう。

 

I wish I lived in Hawaii.

= Would that I lived in Hawaii!

= If only I lived in Hawaii!

= I would rather I lived in Hawaii.

(わたしがハワイに住んでいればいいのになあ)

 

⇒現在ハワイに住んでいないことを悔いている。実際「わたし」はハワイに住んでいない

 

 

ちなみに、I wishの場合、Iの部分を変えればOKです。

She wishes she lived in Hawaii.

(彼女は自分がハワイに住んでいればなあ、と思っている)

 

Vがhad Vp.p.

次に、Vにhad Vp.p.を使用しているパターンです。

 

I wish I had lived in Hawaii.

= Would that I had lived in Hawaii!

= If only I had lived in Hawaii!

= I would rather I had lived in Hawaii.

(わたしがハワイに住んでいたらいいのになあ)

 

⇒過去にハワイに住んでいなかったことを悔いている。実際「わたし」はハワイに住んでいなかった

 

Vがwould/could

これからする行為、未来の行為に対するときは、Vの部分がwould/couldになります。

 

I wish he would come to the party.

(彼がパーティーへ来ると良いのに)

 

I wish I could go with him.

(わたしが彼といっしょに行ければ良いのに)

 

⇒未来に来ない/行けないことを悔いている。実際「彼/わたし」は来ない/行けない。

 

I wishedの場合

I wishedの部分が過去形になっても、後ろのVは時制の一致は受けません。

 

あくまで、wishedした時点から考えて現在・過去・未来なのかでVの形が決まる点に要注意です。

 

 

 

まずはwishedした時点で現在の場合。Vは過去形になります。

I wished I had a car.

(車を持っていれば良いのに、と思った)

 

 

次にwishedした時点よりも過去の場合。Vはhad Vp.p.になります。

I wished I had had a car.

(車を持っていたら良かったのに、と思った)

※一個目のhadは過去完了を示すhad、二個目のhadは「have:持っている」の過去分詞hadです。

 

 

最後にwishedした時点よりも未来の場合。Vはwould/couldになります。

I wished I could do something for world peace.

(世界平和のために何か出来れば良かったのに、と思った)

 

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲しておきます。

 

ポイント
<SV-ならよいのになあ>
  • I wish SV-
  • Would that SV-!
  • If only SV-!
  • How I wish S V-!
  • I would rather SV- (正確に言うとこれだけ少し訳が違い、「むしろSV-であればよいのだが」となります)

 

<注意点>
  1. 現在の話をしている ⇒Vは過去形を使用
  2. 過去の話をしている ⇒Vはhad Vp.p. (過去分詞)を使用
  3. 未来の話をしている ⇒Vはwould/couldを使用
  4. wishedが使われても時制の一致は受けない ⇒wishの時点を起点に現在・過去・未来なのかを考えて、Vの形を決定する

 

 

 

一度理解してしまえば、使い方は非常にシンプルですね。

 

実際の英会話でもよく使えるので、何度か口ずさんで覚えてください。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
仮定法 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント