【絶対分かる仮定法】I wish, If only, would that, would rather, How I wishの意味とは?【~ならなあ】

仮定法

 

今回はI wish、If only、would that、would rather、How I wishについて説明したいと思います。

 

実はコレ、仮定法の一種なのですね。

 

どのような訳・使い方をするのか確認していきましょう。3分程度で読めますよ!

 

I wish、If only、would that、would rather、How I wishの意味は「~ならなあ」

まずは、意味と用法をまとめておきましょう。

 

ポイント
・I wish S V-: SVならよいのになあ
= Would that SV-!
= If only SV-!
=How I wish S V-!
≒ I would rather SV- (正確に言うとこれだけ少し訳が違い、「むしろSV-であればよいのだが」となります)

 

★現在の話をしている ⇒Vは過去形を使用
★過去の話をしている ⇒Vはhad Vp.p. (過去分詞)を使用

 

 

ポイントは、

現在の話をするときはVが過去形、

過去の話をするときはVがhad Vp.p.となる点です。

 

仮定法では、

本来使うべき時制より一つ後ろへ時制をずらすことで、「現実に反する」

という意味合いを出すことができるのでしたね。

 

 

※仮定法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

参考:【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し

 

 

 

まずは、Vに過去形を使用しているパターンから見ていきましょう。

I wish I lived in Hawaii.

= Would that I lived in Hawaii!

= If only I lived in Hawaii!

= I would rather I lived in Hawaii.

(わたしがハワイに住んでいればいいのになあ)

 

⇒現在ハワイに住んでいないことを悔いている。実際「わたし」はハワイに住んでいない

 

 

次に、Vにhad Vp.p.を使用しているパターンです。

I wish I had lived in Hawaii.

= Would that I had lived in Hawaii!

= If only I had lived in Hawaii!

= I would rather I had lived in Hawaii.

(わたしがハワイに住んでいたらいいのになあ)

 

⇒過去にハワイに住んでいなかったことを悔いている。実際「わたし」はハワイに住んでいなかった

 

 

このように、使い方は非常にシンプルですね!

 

実際の英会話でもよく使えるので、何度か口ずさんで覚えてくださいね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
仮定法英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント