【決定版】副詞節をつくる従位接続詞まとめ【時/条件/対比/理由/目的・程度/譲歩/様態/場所】

接続詞

 

今回は副詞節を作る従位接続詞をまとめてみたいと思います。

 

ざっくりした意味ごとに分けてみたので、全体像を把握するのに役に立ちますよ。

 

また、注意すべき点のある表現は、別記事にて詳しい説明をしています。

 

副詞節をつくる従位接続詞まとめ

副詞節をつくる従位接続詞は下記の通りです。

 

 時

  • when 「~するとき」
  • while 「~する間」

 

 

  • before 「~する前に」
  • after 「~する後に」

 

 

 

 

 

 

  • every time/each time/any time/whenever 「~するときはいつでも」
  • the next time 「次に~するとき」
  • the last time 「この前~したとき」

 

 

条件

 

 

  • once 「いったん~すれば」

 

 

  • in case 「~するといけないから」

⇒ in caseのひっかけパターン: a・the・not・will不要

⇒ in a case/in the case/in case S not V/in case S will V これらは全てバツ!

 

 

 

 

  • suppose/supposing/provided/providing  (that)「もし~なら」
  • granting/granted (that)「仮に~としても」
  • assume/assuming  (that)「~と仮定すれば」

 

 

  • on (the) condition (that) 「~という条件で」

 

 

  • given (the fact)(that) 「~を考慮すると/~を仮定すると」

 

対比

  • while/whereas 「~する一方で」

 

理由

 

 

  • in that 「~という点で、~のために」

 

 

  • now that 「今やもう~だから」

 

目的・程度

  • so that S 助動詞/in order that S 助動詞 「~するために」

⇒「助動詞」はなんでもOK(can・may・willが多い)

 

 

  • ~, so that-: ~。その結果-

 

 

 

 

  • such that- 「非常なものなので- (such = so greatと解釈)」
  • such thatの使い方はコチラの記事(S is such that~の訳し方)で詳しく説明しています。

 

譲歩

  • though/although 「~だけれども」

 

 

 

 

  • whether「~してもしなくても」

 

様態

  • as「~のように」

 

 

  • as if/as though「まるで~のように」

 

場所

  • where「~するところで」

 

 

  • wherever「~するところはどこでも」

 

おわりに

使い方がよくわからないものは、ぜひそれぞれの詳しい解説記事をお読みくださいね。

 

接続詞をマスターすれば、長文を読むのがぐっとラクになりますよ!

 


コメント