【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し【仮定法過去、仮定法過去完了とは?】

仮定法

 

今回は仮定法過去と仮定法過去完了について解説します。

 

Ifを使って、事実とは異なる話をする際用いる表現ですね。

 

記事は5分程度で読めますよ!

 

仮定法の基礎まとめ

まずはざっと確認してみましょう。下の表を見てください。

 

もし~なら ~だろう
現在 If S 過去形~, * S’ would V’~ **
過去 If S had Vp.p.~, S’ would have V’p.p.~ **

* be動詞の場合、主語に関係なくwereを使うのが普通です。(wasは試験だと減点される危険があります)

** 助動詞はwouldのほか、could, might, shouldなどが使われることもあります

 

 

注意すべきは、本来の時制から一つ後ろに時制がずれている点ですね。

 

次の例文を見てください。

If I were you, I would go to the party.

(もしわたしが君なら(現在)、わたしはそのパーティーへ行くのに(現在))

 

 

現在わたしが君なら、現在そのパーティーへ行くのに」と、

現在の話をしているのに、were, wouldと過去形を使用しています。

 

 

このように、時制を後ろにずらすことで「現実にはありえないこと」感を出しているわけですね。

 

 

同じように、過去の話を仮定法で表現するときはさらに後ろに時制をずらし、過去完了形とwould have Vp.p. (過去分詞)を使います。

If I had been you, I would have gone to the party.

(もしわたしが君だったら(過去)、わたしはそのパーティーへ行っていたのに(過去))

 

 

現在に対する仮定を「仮定法過去」過去に対する仮定を「仮定法過去完了」と呼びます。使われている時制がそれぞれ、「過去形」と「過去完了形」だからですね。まぎらわしいので、個人的にこの名称はあまり好きではないですが…笑

 

If it rains tomorrow, I will play tennis.との違い

ここまで読んできた方であれば、次の二つの例文の違いはわかるでしょうか? 時制に注目です。

 

If I were you, I would go to the party.

(もしわたしが君なら(現在)、わたしはそのパーティーへ行くのに(現在))

 

If it rains tomorrow, I will play tennis.

(もし明日雨が降れば、わたしはテニスをしない)

 

 

上の文は仮定法が使われていますね。

 

「わたしがもし君なら」と現実にはあり得ない仮定を置いています。そのため、時制が一つ後ろにずれています。

 

 

一方、下の文はどうでしょう?

 

「もし雨が降れば」と現実に起こるかもしれない仮定をしています。そのため、時制がずれていない (通常通りの使われ方をしている)のです。

 

現在と過去の組み合わせ

さて、これまでの例文は「現在+現在」「過去+過去」の組み合わせでしたね。

  • ~なら (現在)、~だ (現在)
  • ~だったら (過去)、~だっただろう(過去)

 

 

ただ、実際には「過去+現在」、「現在+過去」の組み合わせも存在します。

  • ~だったら (過去)、~だ (現在)
  • ~なら (現在)、~だっただろう(過去)

 

 

例文で見てみましょう。「過去+現在」の組み合わせです。

If I had studied harder, I would be rich now.

(もしわたしがもっと一生懸命勉強していたら(過去)、わたしは今ごろお金持ちだろうに(現在))

 

 

次は「現在+過去」の組み合わせです。これは比較的まれです。

If I knew the fact, I would have told you then.

(もしわたしがその事実を知っているなら(現在)、わたしはその時君に言っていただろう(過去))

 

おわりに

いかがでしたか?

 

仮定法攻略のカギは、とにかく時制に注意することです。

 

本来使うべき時制から一つ後ろにずらし、「現実にはあり得ないことだけど感」を出すのが仮定法と理解しておけば、仮定法の分野は八割くらい攻略したようなものですよ!

 

コメント

  1. […] 過去記事:【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し […]

  2. […] ・【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し【If I were you, If I had been you】 […]

  3. […] 参考:【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し […]