【超意外】It never rains but it pours.の意味・用法とは?

 

今回はIt never rains but it pours.の意味・用法を解説してみました。

 

結構有名な慣用表現ですが、実はコレ、意外な意味を持つことがあるのです。

 

一体どのようなものなのか? 一緒に確認していきましょう!

 

It never rains but it pours.の意味・用法

It never rains but it pours.の意味・用法は下記の通りです。

 

ポイント
  • It never rains but it pours.
  • When it rains, it pours.

(降れば必ず土砂降り/二度あることは三度ある/泣きっ面に蜂)

※基本は災難や不幸に対して使用するが、好ましいことに用いる場合もある。

 

 

直訳すると、「決して降りません、雨が激しく降ること以外には」です。”When it rains, it pours.”とも言えます。

 

butは接続詞で「~以外」、pourは動詞で「雨が激しく降る、流れ出る、どっと押し寄せる」という意味で使われています。

 

 

「悪いことが重なるとき」に使用するのが基本です。しかし、「良いことが重なるとき」に対しても使用するというのが意外な点です。

 

たとえばジーニアスでは、「災難・不幸が重なる意だが、好ましいことに用いることもある」とのことです。

 

「土砂降り」というと悪いイメージを連想しがちなのですが、実際はそうではない点が個人的には意外だったので、今回記事にしてみました。

 

おわりに

いかがでしたか? ちょっとトリビア的なIt never rains but it pours.の話でした。

 

コメント