【第1~第5文型】make/getが持つ文型ごとの意味まとめ【SV/SVC/SVO/SVOO/SVOC】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はmakeとgetが持つ意外な意味についてまとめてみたいと思います。

 

実はこれらの動詞は第1文型から第5文型まで異なる意味を持つのです。

 

「全然知らなかった!」という意味もいくつかあると思いますが、これを機にチェック出来たら良いですね!

 

makeの文型ごとの意味まとめ

makeが持つ文型ごとの意味をまとめてみましょう。

 

makeの意味
  • 第1文型(SV):~へ向かう(主にmake forの形で)
  • 第2文型(SVC):Cになる/Cの状態になる
  • 第3文型(SVO):~を作る(メインの意味は「作る」だが、その他様々な意味にもなる)
  • 第4文型(SV ヒト 物):人にモノを作ってあげる(make 人 モノの形で)
  • 第5文型(SVOC):OをCにする/OにCさせる(make O Cの形で)

 

 

なぜ文型ごとに意味をまとめたかと言うと、

どんな動詞でも、文型ごとにざっくり意味が決まってくるからです。

 

 

例えば、

  • 第1文型(SV):移動/存在系の意味
  • 第2文型(SVC):SはCだ/Cであるという関係が成立(S=C)
  • 第3文型(SVO):動詞により異なる。これは個別に覚える
  • 第4文型(SV ヒト 物):「人にモノを与える」という意味
  • 第5文型(SVOC):OはCだ/するという関係が成立(O=C)

です。

 

 

第1文型から順に、例文で見ていきましょう。文型ごとの意味に注目してください。

1:Tom made for the destination.

(トムは目的地へ向かった ⇒移動系)

 

2:Tom has made a fine teacher.

(トムは素晴らしい先生になった ⇒「トム=素晴らしい先生」という関係が成立)

 

3:Tom made a sweater.

(トムはセーターを作った)

 

4:Tom made Mary a sweater.

(トムはメアリにセーターを作ってあげた ⇒「人にモノを作ってあげる」という関係が成立)

 

5:Tom made Mary happy.

(トムはメアリを幸せにした ⇒「メアリ=幸せ」という関係が成立)

 

getの文型ごとの意味まとめ

次はgetの文型ごとの意味をまとめてみたいと思います。

 

ここまでくれば、知らない表現があったとしても、意味の予想は付くハズです。

 

 

文型の威力を体感しつつ、下記の意味をチェックしてくださいね。

 

getの意味
  • 第1文型(SV):~に到着する(主にget toの形で)
  • 第2文型(SVC):Cになる/Cの状態になる
  • 第3文型(SVO):~を手に入れる(メインの意味は「得る」だが、その他様々な意味にもなる)
  • 第4文型(SV ヒト 物):人にモノを手に入れてあげる(give 人 モノの形で)
  • 第5文型(SVOC):OをCにする/OにCさせる(get O Cの形で)

 

 

 

第1文型から順に、例文で見ていきましょう。文型ごとの意味に注目してください。

1:Tom got to the destination.

(トムは目的地へ到着した ⇒移動系)

 

2:Tom got angry.

(トムは怒った ⇒「トム=怒った状態」という関係が成立)

 

3:Tom made a sweater.

(トムはセーターを作った)

 

4:Tom made Mary a sweater.

(トムはメアリにセーターを作ってあげた ⇒「人にモノを作ってあげる」という関係が成立)

 

5:Tom made Mary happy.

(トムはメアリを幸せにした ⇒「メアリ=幸せ」という関係が成立)

 

まとめ

最後にポイントをまとめておきましょう。

 

makeの意味
  • 第1文型(SV):~へ向かう(主にmake forの形で)
  • 第2文型(SVC):Cになる/Cの状態になる
  • 第3文型(SVO):~を作る(メインの意味は「作る」だが、その他様々な意味にもなる)
  • 第4文型(SV ヒト 物):人にモノを作ってあげる(make 人 モノの形で)
  • 第5文型(SVOC):OをCにする/OにCさせる(make O Cの形で)

 

getの意味
  • 第1文型(SV):~に到着する(主にget toの形で)
  • 第2文型(SVC):Cになる/Cの状態になる
  • 第3文型(SVO):~を手に入れる(メインの意味は「得る」だが、その他様々な意味にもなる)
  • 第4文型(SV ヒト 物):人にモノを手に入れてあげる(give 人 モノの形で)
  • 第5文型(SVOC):OをCにする/OにCさせる(get O Cの形で)

 

 

文型ごとのざっくりした意味
  • 第1文型(SV):移動/存在系の意味
  • 第2文型(SVC):SはCだ/Cであるという関係が成立(S=C)
  • 第3文型(SVO):動詞により異なる。これは個別に覚える
  • 第4文型(SV ヒト 物):「人にモノを与える」という意味
  • 第5文型(SVOC):OはCだ/するという関係が成立(O=C)

 

 

なお、下記では第4文型に特化した記事も書いています。文型の観点から英語の世界をのぞいてみると、効率的に色々覚えることが出来るので、結構面白いですよ。

【授与動詞とは?】第4文型SVOO

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【第1~第5文型】make/getが持つ文型ごとの意味まとめ […]