【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法【asleep他】

形容詞・副詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですが、形容詞には叙述用法と限定用法の二種類があるってご存知ですか?

 

なんか難しそう…

 

 

 

用語だけ見るとそうですね。

 

ただ、実際はものすごくシンプルです。

これを機会に、限定用法と叙述用法の違いをマスターしてしまいましょう!

 

限定用法と叙述用法の違いとは?

まずは、限定用法と叙述用法の違いを説明します。

 

  • 限定用法:名詞を直接修飾
  • 叙述用法:補語に単独で使用

 

 

どういうこと?

 

 

 

例文で見てみましょう。まずは限定用法から。

The sleeping boy is my son.

(その寝ている少年は、わたしの息子だ)

 

「sleeping⇒boy」という関係が成り立っているのがわかるでしょうか?

sleepingという形容詞が、boyという名詞を直接修飾しているのですね。

 

 

一方の叙述用法はコチラです。

The boy is asleep.

(その少年は眠っている)

 

文構造としては、

  • S = The boy
  • V = is
  • C = asleep

となっています。

 

つまり、asleepは補語の位置にあるので、叙述用法というわけです。

 

限定用法のみ/叙述用法のみでしか使えない単語

形容詞には、

限定用法のみでしか使えない単語

叙述用法でしか使えない単語

があるのです。

 

 

代表的なところを下記の通りまとめてみました。

 

 

限定用法のみの形容詞限定用法叙述用法で同様の意味を表す場合
many (多い)many peoplePeople are numerous.
few (少ない)few peoplePeople are rare.

 

 

叙述用法のみの形容詞叙述用法限定用法で同様の意味を表す場合
alike (似ている)They are alike.similar-looking
alive (生きている)He is alive.living
alone (一人で、孤独な)He is alone.lonely
asleep (眠っている)He is asleep.sleeping
awake (起きている)He is awake.waking

 

 

お気づきの方もいるでしょうが、

叙述用法のみの形容詞は、a-で始まる単語が揃っているのが特徴です。

 

たとえばaliveやasleepは、元々下記の形(前置詞+名詞)から来ています。

  • alive ⇒ on life
  • asleep ⇒ on sleep

 

前置詞のカタマリは、

a pencil on the desk (机の上の鉛筆)などのように、

通常名詞の後ろ側に置かれますよね。

 

二語以上のカタマリは後ろから名詞を修飾する、というのが英語の基本原則ですが、

a-から始まる単語は二つの単語が語源となって出来たものが多いです。

(他には、alone ⇒ al + oneから来ています)

 

 

a-から始まる単語が叙述用法になることが多いのは、こうした事情も関係していると考えられます。

 

 

ちなみに、in/onのnが抜け落ちたのと同じ観点から、a/anに関する面白い考察をすることも出来ます。(an appleとなるのは、実は”an + 母音”の発音のしやすさが原因でないかも、という説です)

 

興味のある方は下記の記事をお読みくださいね。3分程度で読めます。

【英語の歴史】”an apple”となるのは、発音しやすいからではない?

 

 

限定用法と叙述用法で意味の異なる形容詞

同じ単語でも、限定用法/叙述用法のそれぞれで意味が異なる形容詞も存在します。

 

 

一覧はコチラです。

 

限定用法での意味叙述用法での意味
able

 

 

有能な

 

He is an able editor.

~することができる

 

He is able to swim.

certain

 

 

 

ある

 

A certain person said so.

(ある人がそう言った)

確信している

 

He is certain that he is genius.

(彼は彼が天才だと確信している)

late

 

 

 

 

 

 

 

故、後期の

 

Her late husband lived there.

(彼女の亡くなった夫はそこに住んでいた)

 

I met him in the late afternoon.

(わたしは彼に午後遅くに会った)

遅れた

 

He was late for school.

(彼は学校に遅刻した)

 

 

 

 

present

 

 

 

現在の

 

My present address is XXX.

(わたしの現在の住所はXXXだ)

出席している

 

He is present.

(彼は出席している)

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

限定用法と叙述用法、なんて聞くと一見難しそうに感じてしまいますが、

実はとても単純です。

 

数は多くないので、これを機会に全て覚えてしまえばよいですね!

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 本記事では「後置修飾」と「叙述用法」という用語をあまり区別せずに使っています。(叙述用法についてまとめた記事は【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法にあります) […]

  2. […] 【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法【asleep他】 […]

  3. […] 【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法 […]

  4. […] 【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法 […]