【盲点!】未来形・現在完了形に時制の一致は起こらない!

英文法

 

今回は未来形・現在完了形に時制の一致はないというお話をしたいと思います。

 

結構見落としがちなポイントなので、「え、ホント?」という方はぜひぜひお読みくださいね。

 

3分ちょっとで読めますよ!

 

そもそも時制の一致とは?

時制の一致とは、主節で過去形が使われたとき、従節の時制がそれに引っ張られる現象です。

 

 

主節と従節?

 

具体的に見ていきましょう。次の例を見てください。

  • 主節:He said that~ (彼は~と言った)
  • 従節:he loves apples (彼はリンゴが好きだ)

 

 

この二つの文をくっつけると、次のようになります。

  • He said that he loved apples. (彼は、彼がリンゴが好きだと言った)

 

 

主節でsaidという過去形が使われているため、従節のlovesも引っ張られてlovedになっている点に注目です。

 

未来形に時制の一致はない

それで、いよいよ本題です。未来形の場合、時制の一致は起こらないのですね。

 

次の例で見てみましょう。

  • 主節:He will say that~ (彼は~と言うだろう)
  • 従節:he loves apples (彼はリンゴが好きだ)

 

これをくっつけると、

  • He will say that he loves apples. (彼は、彼がリンゴが好きだと言うだろう)

となります。

 

 

ポイントは、lovesが未来形に引っ張られてwill loveとなっていない点ですね。

未来形では時制の一致が起こらないので、lovesはそのままになっています。

 

このように、未来形では元の動詞の形がそのまま使われるのです。

 

 

例えば、従節が下記であれば、

  1. he loved apples
  2. he will love apples

 

それぞれ、He will say thatとくっついたとき、

  1. He will say that he loved apples. (彼は、彼がリンゴを好きだったと言うだろう)
  2. He will say that he will love apples. (彼は、彼がリンゴを愛するだろうと言うだろう)

となります。

 

現在完了形に時制の一致はない

現在完了形も同様です。時制の一致は起こりません。

 

 

コチラの例をどうぞ。

  • 主節:He has said that~ (彼は~と言った)
  • 従節:he loves apples (彼はリンゴが好きだ)

 

これをくっつけると、

  • He has said that he loves apples. (彼は、彼がリンゴが好きだと言った)

となります。

 

 

やはり、lovesの時制は元のまま (lovesのまま)で、時制の一致は起こっていませんね!

 

コメント