【単位のthe】by the kiloにtheが付く理由【by the 単位】

冠詞

 

今回は単位のtheについて考えてみたいと思います。

 

単位のtheって?

 

 

例えば次のような表現を見てください。すべてtheが付いていますね。

They sell eggs by the dozen. (彼らは卵をダース単位で売っている)

They sell water by the kilo. (彼らは水をキロ単位で売っている)

They get paid by the hour. (彼らは時間単位で支払いを受けている = 時給で給料を支払われている)

 

 

今回は、単位の表現でtheが使われている理由をサクッと説明したいと思います。

 

3分程度で読めますよ!

 

単位にtheが付く理由

まずはtheの基本的な機能から確認しましょう。

 

theは、読者が「ああ、それね」と指差せるモノにつきます。

 

 

例えば次の例文をご覧ください。読者が「ああ、そのイヌね」と指差すことが出来るので、二度目に出てくるdogにはtheが付いています。

There was a dog, and the dog was barking.

(イヌが一匹いた。そして、そのイヌは吠えていた)

 

 

この感覚が単位のtheにも当てはまります。

  • by the dozen
  • by the kilo
  • by the hour

 

 

いかがです?

 

 

「ダース」「キロ」「一時間当たり」…

 

単位というのは、社会全体で了解されたものですよね。共通の理解があるわけです。つまり、読者が指差すことができるわけです。

 

だから、単位の前にはtheが付いているのです。

 

なるほど!

 

 

ポイント
  • by the 単位:単位決めで、単位当たりで
  • theが付くのは、読者が指差すことが出来る(みんな共通の認識を持っている)から

 

 

口頭ではtheが省略されることもあるほか、by weight「重さによって」という表現にtheは付かない点に注意です。

 

なぜなら、「weight: 重さ」は単位ではないからですね。

(「重さ」の単位はキロやポンドなどですよね。「鶏肉5キロ分ください」という表現は成り立ちますが、「鶏肉5重さ分ください」という表現は成り立ちませんよね)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

冠詞もよくよく見ると、奥深いものです。これからも機会があれば積極的に紹介していきたいと思います。

 

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
冠詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント