【超決定版】-lyで終わるのに副詞にならない単語まとめ【丸暗記厳禁】

基本表現・語源

 

今回は-lyで終わっているのに副詞にならない単語についてまとめてみたいと思います。

 

普通、-lyで終わる単語は副詞になるのですが、その法則が当てはまらない単語がいくつかあるのですね。

 

今回はその単語をまとめてチェックしていきましょう。

 

さらに、「ある法則」に注目すると、暗記が一気に楽になりますよ!

 

-lyで終わっているのに副詞にならない単語まとめ

-lyで終わっているのに副詞にならない単語のまとめです。

 

ポイント
  • costly:高価な
  • daily:毎日の
  • monthly:毎月の
  • weekly:毎週の
  • yearly:毎年の
  • early:早い
  • elderly:年配の
  • friendly:友好的な
  • homely:平凡な、飾り気のない
  • kindly:思いやりのある、優しい
  • likely:ありそうな
  • lively:元気のいい
  • lonely:孤独な
  • lovely:愛らしい
  • manly:男らしい
  • womanly:女らしい
  • melancholy:憂鬱な
  • orderly:規則正しい
  • timely:時期を得た、タイムリーな

※副詞として使われる単語も含まれています(副詞以外の意味でも使われる単語があるよ、という意味合いです)

 

 

 

覚えるときのコツは、

大半が「名詞+ly」になっているということです。

 

元が名詞の単語にlyがくっついている場合、副詞ではなく形容詞になる場合が多いのですね。

 

 

例えば、

  • cost:費用
  • month:月
  • week:週
  • year:年
  • elder:老人
  • friend:友人

などなど…

 

全て、名詞が元になっていますね。

 

 

 

一方、例外は下記の単語です。名詞以外が元になっています。

  • daily(「day:日」が変化したと考えれば元は名詞)
  • early
  • kindly
  • likely
  • lively
  • lonely
  • melancholy

 

 

「原則を押さえて⇒例外を拾い上げていく」というのが暗記の鉄則です。

 

今回の記事が、「例外」を拾い集める助けになったのであれば嬉しいです。

 

 

「他にもこんな単語が抜けているよ!」ということがあれば、コメント欄まで頂けると嬉しいです。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント