【わかりやすい】関係代名詞whichを超基礎から理解する

英文法

 

こんにちは、講師のNです。今回は関係代名詞の超入門編

 

 

関係代名詞ってなに?

 

 

そんな方へ向け、わかりやすくまとめてみました。文法用語はなるべく排除、小難しいルールもひとまず無視。

 

関係代名詞でつまずいてしまった方は、ぜひこの記事を読んでみてください。関係代名詞って結局なんなの?という疑問にお答えします。5分程度でサクっと読めます。

 

関係代名詞の超基礎

関係代名詞って一体なんなんでしょう?

 

関係代名詞では一番有名な単語、whichを例に説明したいと思います。

 

whichは「繰り返しを避け、2つの文をつなげる」

次の例文を見てください。関係代名詞whichが、which I wantedというカタマリを作っています。

 

This is the book which I wanted. (これは、わたしが欲しかった本だ)

 

なぜこんな文を作ってしまうのでしょうか?

 

それは、関係代名詞whichを使うとき、話し手の頭には2つの文が思い浮かんでいるからです。具体的にはこんな感じです。

 

This is the book which I wanted. (これは、わたしが欲しかった本だ)

  1. This is the book. (これは本だ)
  2. I wanted the book. (わたしはその本を欲しい)

 

今回で言えば、頭に思い浮かんでいるのは「これは本だ」と「わたしはその本を欲しい」という2つの文です。関係代名詞を使い1つにまとめた文と比べ、内容自体は特に変わりません。

 

けれど、2つの文に分けると、こんな風に感じるわけです。

 

 

「これは本だ」「わたしはその本を欲しい」と、

2つに分けて言うのはまどろっこしい…

 

the book「本」という単語の繰り返しがくどい…

 

 

そこで関係代名詞whichの登場です。

 

 

関係代名詞whichは、

①the bookの繰り返しを避ける

②2つの文を1つにまとめる

という役割を同時にこなすスゴイ奴なのです。

 

関係代名詞whichがどんな風に登場するのか?

順番に見ていきましょう。

 

Step 1. the bookを繰り返したくない、1つの文にまとめたい…

This is the book. I wanted the book.

 

Step 2. 2つめのthe bookをwhichへ置き換え!あとは1つの文にまとめるだけ…

This is the book. I wanted which the book.

 

Step 3. whichをI wantedの頭へ移動!2つの文をくっつけた!

This is the book which I wanted which.

 

これで完成です。同じ単語の繰り返しを避けつつ、2つの文もくっつけてしまうデキル男(女?)

それがwhichなのです。

 

イメージ図にするとこんな感じです。

 

 

whichのカタマリは「直前の名詞を説明」

whichの成り立ちがわかったところで、次に訳し方です。文法書なんかだと、たぶんこんな記述になってます。

 

文法書:whichは先行詞を修飾する

 

 

しかし、人によってはこうなるかもしれません。

 

「修飾」ってなに??

 

 

 

そんな人は、こんな風に理解してください。

 

文法書:whichは先行詞を修飾する

理解:whichは直前の名詞がどんな名詞なのかを説明する

 

例文で見てみましょう。

 

This is the book which I wanted. (これは、わたしが欲しかっただ)

 

わたしが欲しかった」という関係になっているのはわかるでしょうか? これは、「本」が「どんな本なのか?」を説明しているわけですね。

 

仮に「わたしが欲しかった」という文がなく、「」という単語だけだったら、それがどんな本かがわからないんですよ。「彼がわたしにくれた本」かもしれないし、「わたしが捨てた本」かもしれない。とにかく、どんな本なのかがわからないんです。

 

そこへ「わたしが欲しかった」という文が登場することで、それがどんな本かわかるんです。「わたしが欲しかった」だということがわかるんです。

 

つまり、「わたしが欲しかった」という部分は、「」がどんな本なのかを、「わたしが欲しかった」のように説明している(=修飾している)わけですね。

 

なので、関係代名詞whichのカタマリが出てきたら、直前の名詞を説明するように訳してあげてください。(今回の例文なら「これは、わたしが欲しかっただ」)

 

whichのカタマリは「文法上の穴を持つ」

これが最後の注意点。whichのカタマリは、whichを抜かして考えた場合、文法上の穴を持つことを覚えておいてください。

 

先ほどの図をもう一度見てください。

 

 

I wanted the book の部分に注目です。もともとここにはthe bookという単語があったわけですが、それが抜け落ちてしまっています。whichがthe bookに置き換わり、I wantedの頭の部分へ出てしまったからですね。

 

このように、関係代名詞whichの後ろには文法上の穴がある、というコトを覚えておいてください。自分で英作文するときはもちろん、文法問題でも問われるポイントです。さらに、複雑な文を読み解く際、この穴を探すことが出来るかで、読解力が結構変わってきます。関係代名詞の学習を進めるにあたり、大切なポイントなので頭に入れておいてください。

 

まとめ

最後に、今回の内容をまとめておきます。

 

関係代名詞whichまとめ
  • whichの役割は、①同じ単語の繰り返しを避ける②2つの文をくっつける
  • whichのカタマリは、直前の名詞(=先行詞)を、説明(=修飾)するように訳す
  • whichのカタマリは、whichを抜かして考えた場合、文法上の穴を持つ

*今回は文法用語をなるべく使わないようにしましたが、「先行詞」や「修飾」は、最低限押さえておいて欲しい文法用語です。これを機会に覚えてくださいね。

 

 

関係代名詞には様々なパターンがありますが、まずは上記の基本を理解してください。

 

基本さえ押さえておけば、他のパターンはその延長線上で理解できるはずです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法 関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考>関係代名詞whichを超基礎から理解する […]

  2. […] なお、関係代名詞を超基礎から学びたい!という方は、コチラの記事(関係代名詞を超基礎から理解する)をご参照ください。 […]

  3. […] ※関係代名詞を基礎から学びたい方は、まずはコチラの記事(関係代名詞を超基礎から理解する)をお読みくださいね! […]

  4. […] 関係詞の超基礎【初心者専用!】関係代名詞whichとは? 超基礎から理解する) […]

  5. […] 【わかりやすい】関係代名詞whichを超基礎から理解する […]