【楽々暗記!】make much of/make little of/make nothing ofとは【意味】

英文法

 

 

今回は、

  • make much of~
  • make little of~
  • make light of~
  • make nothing of~

について学びましょう!

 

 

3分程度で読めますよ!

 

make much of~「~についてたくさん作る」make little ofは「~について軽く作る」、make nothing of~「~について何も作らない」

まず、makeは「~を作る」という意味がありますね。

また、ofには「~について」という意味があります。

 

それぞれの言い回しで、単語が変化しているのは下記の部分です。

  • much: たくさん
  • little: ほとんどない
  • light: 軽い (ボクシングで「ライト級」なんて言ったりしますよね)
  • nothing: 何もない

 

 

これらをザックリ組み合わせると、

  • make much of~: ~についてたくさん作る
  • make little of~: ~についてほとんど作らない
  • make light of~: ~について軽く作る
  • make nothing of~: ~について何も作らない

となりますね。

 

 

従って、下記のような日本語訳になるのです。

 

 

ポイント
  • make much of~: ~を重視する
  • make little of~: ~を軽視する、軽んじる
  • make light of~: ~を軽視する、軽んじる
  • make nothing of~: ~をなんとも思わない

 

 

例文はコチラです。

He made much of the matter. (彼はその問題を重視した)

He made little of the matter. (彼はその問題を軽視した)

He made nothing of the matter. (彼はその問題を何とも思わなかった)

 

 

単語レベルで意味を考えていくと、すっきり理解できますね。

 

それでは!


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント