【超盲点】when/ifが同じ意味になるとき・違うとき

接続詞

 

今回はwhen/ifを取り上げたいと思います。

 

実はコレ、ある条件を満たすと

If you mix red and blue, you get purple.

= When you mix red and blue, you get purple.

(赤と青を混ぜれば、紫になる)

のように、when≒ifで書き換え可能なのです。

 

whenとifが大体同じ意味になるのですね。

 

 

どのようなときに書き換え可能なのか? 下記でサクッとみていきましょう!

 

when/ifが同じ意味になるとき・違うとき

when/ifが同じ意味になるとき・違うときのまとめは下記のとおりです。

 

ポイント
  • when/ifが同じ意味⇒事実や未来の事柄について述べるとき(whenの方が確実性強い)
  • when/ifが違う意味⇒推論(ifのみ可)

 

 

具体的に見ていきましょう。

 

when/ifが同じ意味

when/ifが同じ意味なのは、事実や未来の事柄について述べるときです。

 

「when: ~するとき」、「if: もし~ならば」という典型的な訳語からもわかる通り、ifの方がやや不確実性が高い印象を与えます。ただ、大まかな意味は同じという理解で大丈夫です。

 

 

まずは事実について述べる場合の例文です。「自然とそうなる場合」「いつもそうしている場合」について使用されます。事実について述べているので、ifではない方のカタマリ(主節と言います)でwillなどが使われていませんね。

「自然とそうなる場合」

If you mix red and blue, you get purple.

= When you mix red and blue, you get purple.

(赤と青を混ぜれば、紫になる)

 

「いつもそうしている場合」

If the weather is hot, I use an air conditioner.

= When the weather is hot, I use an air conditioner.

 

 

次に、未来の事柄について述べる場合です。

If he comes, I will stop reading.

= When he comes, I will stop reading.

(もし彼が来たら、読書を止めるよ)

 

when/ifが違う意味

when/ifが明確に違う意味になるのは、推論の意味のときです。推論の意味では、ifしか使えません。

 

ifは「もし~なら」、whenは「~するとき」という意味を持つことを考えれば、whenが使えないことはやはり納得しやすいと思います。

 

 

コチラが例文です。現在のことに対する推論なので、主節の方はwillが使われていませんね。

If it is Monday, it is my brother’s birthday.

(もし今日が月曜日なのであれば、兄の誕生日だ)

 

 

まとめ

いかがでしたか? 感覚的に知っているようでいて、実は知らない知識も、こうして整理するとより確実な文章理解、作文につながっていきますね。

 

念のため、改めてまとめを載せておきます。理解した後なので、より頭に残りやすくなると覆います。

 

ポイント
  • when/ifが同じ意味⇒事実や未来の事柄について述べるとき(whenの方が確実性強い)
  • when/ifが違う意味⇒推論(ifのみ可)

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント