【イメージで理解】「始める/終わる」begin/start/end/finish/stopの違いとは

基本単語

 

今回は「始める/終わる」という意味を持つ単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

begin/start/end/finish/stopなど、微妙な違いを知ってはいるでしょうか?

 

イメージ付きでわかりやすくお伝えしていきます!

 

begin/start/end/finish/stopの意味・用法まとめ

まずはbegin/start/end/finish/stop「振る」という意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「振る」各単語の違い

<始まる>

  • begin: 始まる (主観)
  • start: 始まる (客観、静⇒動)

 

<終わる>

  • end: 終わる (主観、途中でもOK)
  • finish: 終わる (客観、最後までやり切る)
  • stop: 止まる(動⇒静)

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

始まる begin/start

始まる begin/startです。

 

両者の違いはざっくり下記の通りです。

  • begin: 始まる (主観)
  • start: 始まる (客観、静⇒動)

 

 

 

まずは「begin: 主観」「start: 客観」の違いから見ていきましょう。

 

beginとstartはどちらも代替可能なことが多いですが、あえて違いを挙げると、

beginは主観的(自分がその状況の中にいる)であるのに対し、

startは客観的(自分がその状況の外にいる)なイメージがあります。

 

 

例えば、“It began/started to rain. (雨が降り始めた)”という例文の違いをイメ―ジで示すと下記の通りです。

 

beginは自分が雨の中にいる一方、startは自分が雨の外にいるイメージです。

 

 

 

さらに、startには「静⇒動」のように、急に動き出すようなイメージがあります。

The bus started suddenly.

(バスが突然発進した)

 

バスが急に動くようなイメージです。

 

 

なお、「機械などが動き出す」の意味では、beginではなくstartが使用されます。

 

客観的なイメージや、急にキュッと動き出すイメージが、startの方が相性が良いのですね。

 

終わる end/finish/stop

終わる end/finish/stopです。

 

それぞれの違いはざっくり下記の通りです。

  • end: 終わる (主観、途中でOK)
  • finish: 終わる (客観、最後までやり切る)
  • stop: 止まる (動⇒静)

 

 

まずはend/finishから見ていきましょう。

 

endが主観的、finishが客観的な意味を持っていることから、

endは中途半端に終わる、finishは最後まで終わるという意味と結びつきます。

 

The conversation ended before he finished talking.

(彼が話し終える前に、ミーティングは終わった)

 

 

イメージ図は下記の通りです。

 

「彼が話し終える(≒全てやり切る)」前に、

「ミーティングが終わった(≒中途半端に終わった)」ということですね。

 

マリオカートなど、レースゲームのゴールには「Finish! (フィニッシュ!)」という掛け声が入っていたりしますよね。アレは、「レースが完全に終わったよ!」という意味で使われていますよね。

 

 

 

また、stopには「動⇒静」のイメージがあります。

 

キュッと急に止まるイメージですね。

The bus started suddenly, but it stopped soon.

(バスが突然発進したが、すぐに止まった)

 

begin⇔end、start⇔finish/stopという関係

ここまでお読みの方はお気づきかもしれませんが、

  • begin (主観) ⇔ end (主観)
  • start (客観、静→動) ⇔ finish (客観)/stop (動→静)

という対応関係があります。

 

一つの手掛かりとして、もし聞いたことがあれば、下記の表現を思い出すと良いかもしれません。

  • from beginning to end: 始めから終わりまで
  • from start to finish: 初めから終わりまで

 

 

やはり、beginとend、startとfinishがセットになっていますね。

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「振る」各単語の違い

<始まる>

  • begin: 始まる (主観)
  • start: 始まる (客観、静⇒動)

 

<終わる>

  • end: 終わる (主観、途中でもOK)
  • finish: 終わる (客観、最後までやり切る)
  • stop: 止まる(動⇒静)

 

 

例文やイメージ図を何度も繰り返しチェックして、単語の違いをイメージで理解できると良いですね!

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント