so that「するように(目的)」「なので(結果)」の意味の見分け方

接続詞

 

今回紹介するのはso thatです。実はこれ、2つの訳があって紛らわしいんです。

 

今回の記事では、訳の違いとそのパターンをサクッと説明します!

 

so thatの訳は2種類

~so that SVの形で使用します。ただこれ、訳が「①目的」と「②結果」の2パターンあり、少し厄介なのです。

 

意味と用法のまとめは下記の通り。

 

so that SVまとめ
  1. (目的)~ so that SV:SVするように~する*1, *2
  2. (結果)~, so that SV:なので、SVする*3

*1 (目的)の訳では、soのみ/thatのみを省略することも可能

 *2 (目的)の訳では、in order thatへの言い換えが可能

 *3 (結果)の訳では、so thatの前にカンマ”,”が付くことが多い(必ずではない)

 

よくわからない…

 

そうですね、これだけ読んでも意味不明だと思います。違いがハッキリわかるように、以下で解説します!

 

(目的)SVするように~するの用法

目的の訳の例文はコチラ。so thatの代わりにin order thatを使うことも可能です。

 

You should hurry up so that you can catch the last train.

= You should hurry up in order that you can catch the last train.

(君が終電に間に合うように、君は急ぐべきだ)

 

so thatを境目に、文を前半部分と後半部分に分けて考えましょう。so thatを含む後半部分は、前半部分の行動の目的になっているんですね。

 

「急がないと!」「終電に間に合うという目的を達成できるようにね!」という関係です。例文にもあるように、so that内ではwill, may, canといった助動詞を使用します。

 

この形でのso thatは「目的」の訳をとることが多いです。so thatが出てきたら、まずはこちらの訳を考えてみてください。

 

なお、so thatの場合は、soだけを省略 / thatだけを省略することも可能です。(in order thatでは省略不可)

 

You should hurry up so that you can catch the last train.

= You should hurry up so you can catch the last train.

= You should hurry up that you can catch the last train.

(君が終電に間に合うように、君は急ぐべきだ)

 

(結果)~なので、SVする

一方、結果の例文はコチラです。

 

The president came here, so that we started the meeting. (社長が来たので、我々は会議を始めた)

 

先ほどと同じく、so thatを境目に、文を前半部分と後半部分に分けて考えましょう。so thatを含む前半部分があって、その結果として後半部分の出来事が起きているんですね。

 

こちらは、「社長が来た!」「(その結果として)会議を始めた!」という関係です。so that内では、助動詞にこだわらず、通常の動詞も使います。

 

訳の見分け方

どういうときに目的で、

どういうときに結果の訳になるの?

 

見分け方はズバリ、結果の用法では”, so that“の形をとることです。

 

違いがわからない…

 

もう一度例文を見てみましょう。

 

(目的)You should hurry up so that you can catch the last train.

 (君が終電に間に合うように、君は急ぐべきだ)

 

(結果)The president came here, so that we started the meeting.

(社長が来たので、我々は会議を始めた)

 

 

まずは結果の訳を見てください。so thatの前にカンマ”,”が付いていますよね?直前にカンマが付いているときは、100%結果の訳になるんです。

 

よくよく見れば…ホントだ!

 

 

カンマって、日本語でいう読点「、」です。文を軽く切る役割があるんですね。この点を少し強調して訳すと「①社長が来た、」→「②(その結果)会議を始めた」というように、①と②の間で一度訳を切るイメージが出てきます。

 

一方、カンマがない目的用法の例文を日本語に訳すと、「②急がないと!」「①終電に間に合うという目的を達成できるようにね!」という順序になります。カンマがない分、文の中の前後関係がちょっと曖昧なんですね。

 

なので、まずはカンマの有無で意味を見極めてください。ただし、カンマが付いていない場合でも、結果の訳になることがあるので要注意です。最終的には文脈判断です。

 

目的と結果の訳の見分け方
  • 目的の訳になるとき: so thatの前にカンマがない
  • 結果の訳になるとき: so thatの前にカンマがある。ただし、カンマがなくても結果の訳になることもある

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

最初に載せたso that SVのまとめを再掲します。今度はスムーズに理解できるのではないでしょうか?

 

so that SVまとめ
  1. (目的)~ so that SV:SVするように~する*1, *2
  2. (結果)~, so that SV:~なので、SVする*3

*1 (目的)の訳では、soのみ/thatのみを省略することも可能

 *2 (目的)の訳では、in order thatへの言い換えが可能

 *3 (結果)の訳では、so thatの前にカンマ”,”が付くことが多い(必ずではない)

 

がんばって表現の引き出しを増やしていきましょうね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. あき より:

    目的と結果の訳の見分け方

    •目的の訳になるとき: so thatの前にカンマがない。
    •結果の訳になるとき: so thatの前にカンマがある。ただし、カンマがあっても結果の訳になることもある

    最後の一行はカンマが”なくても”ではないですか

    • NN村 より:

      ご指摘ありがとうございます。おっしゃる通り、わたしが打ち間違えておきました…。先ほど修正しておきました(2020.01.21)。