【3分でわかる】without/exceptの違い【前置詞】

前置詞

 

生徒からたまに「withoutとexceptの違いは何?」という質問を受けます。

 

  • without: ~なしに
  • except: ~を除いて

 

なので確かに似ていますよね。

 

 

たしかに…

 

 

今回は二つの違いについてわかりやすくまとめてみました。3分程度で読めますよ!

 

without/exceptの違い

without/exceptの違いは、exceptの意味に着目するとわかりやすくなります。

 

各単語が持つイメージの違い
  • without: ~なしに
  • except: ~を除いて (all/every/noなどの後ろで使う。原則的にあるモノから、何かを差し引くイメージ)

 

 

よくわからない…

 

一つずつ、例文付きで見ていきましょう。

 

withoutの意味

まずはwithoutから。「~なしに」という意味があります。

 

こちらが例文です。特に難しいことはないはずです。

He cannot live without beer.

(彼はビールなしに生きることは出来ない)

 

He saved people without money.

(彼はお金のない人々を救った)

 

exceptの意味

次はexceptです。「~を除いて」という意味ですが、使い方のポイントは下記の通りです。

 

  1. all/every/noなどの後ろで使う
  2. 原則的に全てあるものから、何かを差し引くイメージ

 

 

例文で見てみましょう。

Everybody except me attended the party.

(わたしを除いてみんな、パーティーに出席した)

 

 

上記の例文において、パーティーには全員参加しているわけですね。原則的には全員参加なわけです。

 

しかし、その原則から除外されている人間がいる。それがexcept me、つまりは「わたし」という文なのです。

 

ここでwithoutを使うと、意味がややおかしなことになってしまいます。withoutには、「原則的にあるものから何かを差し引くイメージ」はないからです。

 

 

一方、先ほどのwithoutの例文でexceptを使うとこれまたおかしなことになってしまいます。

<OK>

He cannot live without beer.

(彼はビールなしに生きることは出来ない)

 

<NG>

He cannot live except beer.

(彼はビールを除外して生きることは出来ない)

 

 

日本語にすると一見悪くなさそうですが、理由はもうおわかりですね?

 

そうです。文の前半部分に「原則的に」という意味合いがないので、「除外する」というexceptの意味がうまく発揮されないのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

「仕事」にまつわる単語については、日本語に溶け込んでいる表現も案外参考になりますね。

 

質問等あればコメント欄までお願いいたします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞基本単語英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント