【もう忘れない】「価値がある vs 価値がない」表現まとめ【invaluable, valueless他】

基本単語

 

今回は「価値がある vs 価値がない」表現をまとめてみたいと思います。

 

invaluable, valuable, priceless, valueless等々…

 

どれが「価値がある」、どれが「価値がない」という意味になるのか?

 

これを機会にサクッとチェックしてしまいましょう!

 

「価値がある vs 価値がない」表現まとめ

「価値がある vs 価値がない」の表現まとめは下記の通りです。

 

  • in-: ~でない
  • less: ~のない、~できない

という意味を持つ点に着目しましょう。

 

 

ポイント
<価値がある>
  • invaluable: 非常に貴重な(≒~でない+価値+~できる≒価値を付けられない)
  • valuable: 価値の高い(≒価値+できる)
  • priceless: 非常に貴重な(≒価値を付けられない)

 

<価値がない>

  • valueless: 価値がない(≒~の価値がある+~でない)
  • worthless: 価値がない(≒~の価値がある+~でない)

 

 

覚え方のコツは下記の通りです。多少強引ですが、シンプルで良いと思います。

  1. -lessで終わるもののみ、「価値がない」の意味になる
  2. pricelessのみ、-lessで終わるが「価値がある」の意味になる(「その笑顔プライスレス = とてもステキ!」という言い回しで覚えてしまいましょう)

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント