【1分でわかる】wake/awake/get upの違い【起きるを意味する単語】

基本単語

 

「起きる」という英単語には、よく次の3つが使われますが、これらをハッキリ使い分けることは出来ますか?

 

wake (up)/awake/get up

 

 

これらは、ハッキリと違う意味を持っているのですね。

 

知らなかった…

 

今回はこれらの違いについてわかりやすくまとめてみました。1分で読めますよ!

wake (up)/awake/get upの違い

「起きる」を意味するwake (up)/awake/get upの違いは下記の通りです。

 

wake (up)/awake/get upの違い
  • wake (up)*: 身体は寝たまま、自然に起きる ⇒動詞として使用
  • awake: 身体は寝たまま 、自然に起きる ⇒動詞・形容詞として使用 (形容詞として使用されると、身体が起きている意味も含むことが多い)
  • get up: 身体を起こす、意図的に起きる ⇒ 動詞として使用

*upがあってもなくてもあまり意味は変わりませんが (上方向への動きのイメージが強くなる)、「①会話文ではupを付ける」「②命令文ではupを付ける」という原則があります。

 

 

wakeとawakeは、意味自体は同じです。

 

身体は起きず、布団に入ったまま目だけが開くような状態を意味します。つまり、「自然に目が覚める」ときによく使われます。

 

 

wakeの例文はコチラです。

I woke from a deep sleep.

(わたしは深い眠りから覚めた)

 

I woke to find myself alone.

(ふと目覚めると、わたしは独りぼっちであることに気がついた)

 

Wake up!

(起きろ!)

 

 

次はawakeの例文です。

 

動詞としてはwakeと同じ意味を持ちますが、形容詞として使われる場合、「眠らない=身体も起きている」と少し意味が変わるので、注意が必要です。

<動詞>

He awakes at seven every morning.

(彼は毎朝7時に起きる)

 

<形容詞>

He was awake all night.

(彼は一晩中起きていた)

 

The noise kept him awake all through the night.

(その騒音のせいで、彼は一晩中眠れなかった)

 

 

最後はget upです。身体を起こす動作、意図して起きるといった意味合いを含みます。

I got up at eight and had breakfast.

(わたしは八時に起き、朝食を食べた)

 

 

なお、wakeやawakeは、過去形や過去分詞形は

  • wake-woke-woken (アメリカではwake-waked-wakedもアリ)
  • awake-awoke-awoken (アメリカではawake-awaked-awakedもアリ)

と変化するので気をつけましょう。

 

おわりに

ちょっとした違いですが、文章の読解や日常会話で迷うことはなくなりますね。

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント