distinguish A from Bでfromが使われる理由【意味・類語まとめ】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回ご紹介するのは、distinguish A from B 型の動詞です。

これと同じ形をしていて、似たような意味になる動詞がいくつかあるのです。

 

覚えるの嫌だ…

 

 

前置詞fromの働きに着目すれば暗記がグッと楽になります。

超簡単に説明しますので、ぜひ読んでみてくださいね。(3分で読めます)

 

<参考記事>

【本質から理解!】前置詞fromのイメージとは【fromの意味一覧】

prevent A from Bでfromが使われる理由

 

distinguish A from Bの動詞まとめ

まずは、distinguish A from Bと同じ形をとる動詞をまとめてみたいと思います。

 

distinguish A from B 型の動詞まとめ
  • distinguish A from B:AとBを区別する
  • know A from B:AとBの見分けがつく
  • tell A from B:AをBと見分ける

 

わかったようなわからないような…

 

前置詞fromの意味合いを理解して、

単語レベルで意味を考えていけば一発で覚えられます。

 

 

というわけで、まずは前置詞fromのイメージを説明したいと思います。

 

前置詞fromのイメージ

前置詞fromの一番コアなイメージは「出発点」です。

 

from Tokyoは「東京から」という訳になりますが、

これは、「東京から出発する」という意味合いを持つんですね。

 

 

で、出発するということは、少し見方を変えれば「分離」する(=離れる)ということです。

二つのモノを分離するのであれば、二つを「区別」することにもつながるかもしれません。

 

 

このような連想ゲームの結果、fromは「区別」の意味合いで使われるようになったんですね。

 

今回の動詞で使われているfromは、まさにコレです。

全て「区別」のニュアンスで使われているのです。

 

<参考記事>前置詞fromをイメージで理解する

 

具体例

distinguish A from B 型の動詞でfromが使われている理由を理解出来たら、

あとはいくつか具体例を見ていきましょう。

 

fromが持つ「区別」の意味により、AとBを区別して考えている点に注目してください。

 

distinguish A from B

distinguish A from Bで、「AとBを見分ける、区別する」という意味になります。

 

コチラが例文です。

The child can’t distinguish right from wrong.

= The child can’t distinguish the difference between right and wrong.

= The child can’t distinguish between right and wrong.

= The child can’t distinguish right and wrong.

(その子供は、正しいことと間違ったことを区別することが出来ない)

 

 

「A=right(正しいこと)」と「B=wrong(間違ったこと)」が離され、区別されていますね。

 

 

また、distinguishという動詞自体にも、「区別する」という意味があります。

 

そのため、

distinguish the difference between right and wrong,

distinguish between A and B,

distinguish A and B

も同じ意味になります。

 

know A from B

know A from Bで、「AとBの見分けがつくという意味になります。

 

 

knowは「知っている、わかる」という意味の動詞ですね。

 

「AとBの区別がわかる」→「AとBの見分けがつく」

というイメージで理解しましょう。

 

 

こちらが例文です。

He doesn’t know Spanish from Italian.
= He doesn’t know the difference between Spanish and Italian.

(彼はスペインとイタリアの見分けがつかない)

 

 

なお、know the difference between A and Bでも、「AとBの見分けがつく」

という似たような意味になりますね。

(直訳すると「AとBの間の違いがわかる、知っている」ですね)

 

tell A from B

tell A from Bで「AをBと見分ける」という意味になります。

 

 

tellは「言う、伝える」という意味の動詞ですね。

 

「AとBを区別して言う」→「AをBと見分ける」

というイメージで理解しましょう。

 

Can you tell whiskey from brandy?
= Can you tell the difference between whiskey and brandy?

(あなたは、ウイスキーをブランデーと見分けることが出来ますか?)

 

knowやdistinguishと同じく、

tell the difference between A and Bでも、「AをBと見分ける」

という似たような意味になりますね。

(直訳すると「AとBの間の違いを言う」ですね)

 

 

なお、これは完全に蛇足ですが、わたしクラスになると、ウイスキーだろうがブランデーだろうが「ウマイ!」のひとことで済んでしまうんですね。

 

アルコール入りの麦茶を飲まされても、ウイスキーとの違いに気づかずゴクゴク呑んでしまう自信があります。

 

ゆえにわたしは、”I can’t tell Whisky from Brandy.”です。

 

本当に蛇足だね!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

微妙な違いこそあれ、「AとBを離して区別する」という意味合いに変わりはありませんね。

あとは使われている動詞によって意味を変えていくだけでOKです、

 

 

ご不明な点などあればコメント欄までお願いします。

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] distinguish A from Bでfromが使われる理由【意味・類語まとめ】 […]