YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【1分でわかる】company/officeの違い【会社を意味する単語】

基本単語

 

「会社」という英単語には、よく次の二つが使われます。

 

company/office

 

 

この二つは、ハッキリと違う意味を持っているのです。

 

知らなかった…

 

 

今回はこれらの違いについてわかりやすくまとめてみました。1分で読めますよ!

 

company/officeの違い

さて、いきなり結論です。

 

companyとofficeの違いは下記の通りです。

 

companyとofficeの違い
  • company: 組織としての会社
  • office: 普段働く場としての会社

 

 

いくつか例文を紹介します。具体的な例文を通じ、それぞれの単語が持つイメージをつかんでくださいね。

 

 

まずはcompanyから。「組織としての会社」という意味合いに注目です。

He works for the company.

(彼はその会社で働いている)

 

Our company does a lot of business with their company.

我々の会社は、彼らの会社とたくさんの取引をしている)

 

He got a job working for a financial company.

(彼は金融会社に職を得た)

※business/job/work/taskなど、「仕事」関連の単語の意味の違いについては、下記の記事に詳しくまとめてあります。(3分で読めます)

参考記事:【3分でわかる】business/job/work/taskの違い【仕事を意味する単語】

 

 

次にofficeです。「毎日働く場所としての会社」という意味合いに注目です。

He walks to his office.

(彼は歩いて彼の会社に行きます)

 

The branch office is in Hokkaido.

(その支社は北海道にあります)

 

There is no Ichiro Suzuki in this office.

(このオフィスに鈴木一郎という人間はいません)

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

細かい違いですが、より自然な英語を書く/話すことが可能になりますね!

 

質問等あればコメント欄までお願いします。それでは!

 


コメント