【イメージで理解】「多い/少ない」表現まとめ【large, high, heavy】

基本単語

 

今回は「多い/少ない」に関する表現をまとめてみました。

 

population (人口)、income (収入)、traffic (交通量) 等々…

 

その単語が持っているイメージにより、large, high, heavyのどれを使うかが変わってきます。これを機会に、重要表現をまとめてチェックしてしまいましょう!

 

多い/少ないに関する表現&イメージ

多い/少ないに関する表現まとめです。

 

多い/少ない表現まとめ
  • population, number, audience ⇒ large/smallを使用
  • income, salary, price ⇒ large/smallhigh/lowどちらも使用OK
  • traffic, rain, snow ⇒ heavy/lightを使用

 

 

覚える際のポイントは、

  • large/small ⇒ 面積 (体積)のイメージ
  • high/low ⇒ 高さのイメージ
  • heavy/light ⇒ 重さのイメージ

で捉えることです。

 

下記で具体的に見ていきましょう。

 

具体例

下記が具体例です。

 

population, number, audience

population, number, audienceにはlarge/smallを使用します。

 

large/smallは面積 (体積)のイメージを持ちますが、

  • population: 人口
  • number: 数
  • audience: 観衆、聴衆

 

どれもカタマリ(=面積)の大きさでイメージできる単語ですね。

 

 

例はコチラです。

The population of Tokyo is large/small.

(東京の人口は多い/少ない)

 

A large/small number of mistakes were found.

(多くのミスが見つかった / 少しのミスが見つかった)

 

There was a large/small audience.

(たくさんの観客がいた / あまり観客がいなかった)

 

income, salary, price

income, salary, priceには、large/smallとhigh/lowのどちらも使用OKです。

 

  • income: 収入
  • salary: 給料
  • price: 価格

 

これらは、面積の大きさ、高さのどちらでもイメージできる単語ですね。

 

例はコチラです。

a small/large income (低/高収入)

a large/small salary (高額/低額な給料)

a high/low price (高/低価格)

 

traffic, rain, snow

traffic, rain, snowには、heavy/lightを使用します。

 

  • traffic: 交通量
  • rain: 雨
  • snow: 雪

 

これらは、重さでイメージできる単語ですね。

 

日本語でも「インターネット(の交通量)が重い」「ドカ雪」と言いますが、そのイメージに近いです。

 

例はコチラです。

Traffic was heavy/light. (交通量は多かった/少なかった)

heavy/light rain (大雨/小雨)

heavy/light snow (大雪/小雪)

 

まとめ

最後にまとめを再掲します。

 

多い/少ない表現まとめ
  • population, number, audience ⇒ large/smallを使用
  • income, salary, price ⇒ large/smallhigh/lowどちらも使用OK
  • traffic, rain, snow ⇒ heavy/lightを使用

 

 

覚える際のポイント
  • large/small ⇒ 面積 (体積)のイメージ
  • high/low ⇒ 高さのイメージ
  • heavy/light ⇒ 重さのイメージ

 

 

イメージで捉えると、グッと理解も深まりますね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント