【~かどうか】whetherとifの違いを一発で理解する!【接続詞】

接続詞

 

whetherやifには「~かどうか」という意味があります。ほぼ同じような意味です。(ifの方がやや口語的)

 

ただ、whetherとifの用法に二つの違いがあることは知っていましたか? 実は、「whetherは使えるけど、ifは使えない!」ということがあるんですね。

 

しらなかった…

 

 

この記事では、whetherとifの違いをわかりやすく説明します!

 

whetherとif(~かどうか)の基本的な使い方

まずは、接続詞whetherとifの基本的な使い方を確認します。

 

「~かどうか」という意味を持つとき、whetherやifは名詞のカタマリを作ります(文法用語を使うと、名詞節を導きます)。名詞のカタマリは、文の中で主語・補語・目的語・同格として機能します。

 

例文で見てみましょう。

 

I asked her whether she liked him.

I asked her if she liked him.

(わたしは彼女に、彼女が彼を愛しているかどうかを尋ねた)

 

 

whether/if SVが「SVかどうか」という名詞のカタマリを作っています。

 

「ask O1 O2:O1にO2を尋ねる」という意味になるのですが、このO2に当たる部分、つまり目的語の部分にwhetherのカタマリが来ているわけですね。

 

動詞の目的語部分にくるとき、whetherとifのどちらも使用可能です。

 

whetherとifの違い。ifが使えないパターンとは?

次に、whetherとifの違いを見ていきましょう。whetherは使えるけどifは使えない全5パターンは次の通り。ここが一番重要です。

 

 

whetherはOK、ifはNGのパターン(「~かどうか」の意味のとき)
  • 主語や補語になるとき(形式主語使用の場合はifもOK)
  • 前置詞の直後に来るとき
  • or notが直後にくるとき(語尾にor notがくる場合はifもOK)
  • to不定詞が直後にくるとき
  • 同格用法のとき

 

 

一体どういうことなのか? 下記にて個別に見ていきましょう。

 

主語や補語になるとき

whether / ifのカタマリが主語や補語に来るとき、ifは使用できません。

 

Whether he will come is not certain. (彼が来るかどうかは、確かではない)

The problem is whether he will come. (問題は、彼が来るかどうかということだ)

 

 

whetherのカタマリが、上の文では主語の部分、下の文では補語の部分に来ています。このときifは使用不可なのですね。

 

 

なお、形式主語itを使用した場合は、ifも使用可能です。意味の上ではifのカタマリが主語になるのですが、形の上ではifのカタマリが主語の部分にないためです。

 

これは盲点なので要チェックです。

It does not matter whether he will come.

It does not matter if he will come.

(彼が来るかどうかは、問題ではない)

 

 

なお、「形式主語itについてもっと知りたい!」という方は下記の記事をご覧くださいね。

【一発で分かる】形式it、仮のitとは?

 

前置詞の直後に来るとき

前置詞の直後に来るとき、ifは使用不可です。

 

aboutは「~について」という意味の前置詞です。前置詞の直後なのでifは使用できません。

I am worried about whether he will come.

(わたしは、彼が来るかどうか心配している)

 

or notが直後にくるとき

or notが直後にくるとき、ifは使用不可です。

 

I asked her whether or not she liked him.

(わたしは彼女に、彼女が彼を愛しているかどうかを尋ねた)

 

 

一方、or notが語尾に来ていればifも使用可能です。

I asked her whether she liked him or not.

I asked her if she liked him or not.

(わたしは彼女に、彼女が彼を愛しているかどうかを尋ねた)

 

 

or notのパターン
  • whether or not ~
  • whether ~ or not
  • if ~ or not

 

 

ちなみに、or notを直訳すると「~か否か」。つまり、whetherやifをより丁寧に言っているだけです。全てのパターンにおいて、or notは省略しても構いません。

 

to不定詞が直後にくるとき

whetherには直後にto不定詞を持ってきて、「to不定詞するべきかどうか」と訳す用法がありますが、ifではNGです。

 

I don’t know whether to visit his house.

(わたしは、彼の家を訪ねるべきかどうかわからない)

 

同格用法のとき

「名詞 whether SV」で「SVするかどうかという名詞」と訳す同格用法がありますが、この用法のときもifは使用NGです。

 

I have the question whether he knows the secret.

(わたしは、彼がその秘密を知っているのかどうかという疑問を持っている)

 

おわりに

いかがでしたか? 名詞節としてのwhether, ifは訳が似ているので混同しやすいので、ifが使えないパターンをしっかり押さえましょう。あらためてまとめを再掲しておきます。

 

 

whetherはOK、ifはNGのパターン(「~かどうか」の意味のとき)
  • 主語や補語になるとき(形式主語使用の場合はifもOK)
  • 前置詞の直後に来るとき
  • or notが直後にくるとき(語尾にor notがくる場合はifもOK)
  • to不定詞が直後にくるとき
  • 同格用法のとき

 

 

とりあえずwhetherを使っておけばいいのでは?

 

そうですね。英作文では、とりあえずwhetherを使っておけば無難だと思います。

 

なお、副詞節として機能するときは、whether(~であろうとなかろうと)とif(もし~ならば)でまったく違う意味になります。こちらは文脈で判断できると思います。

 

 

各例文を何度か音読すると、表現が定着しやすくなると思います。

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] whetherとifの使い分け(~かどうか) […]