【全7選】leagueの定型表現の意味・用法まとめ

 

今回はleagueの定型表現の意味・用法を解説してみました。

 

一体どういった意味があるのか?

 

サクッと確認していきましょう!

 

leagueの定型表現の意味・用法

leagueの定型表現の意味・用法まとめは下記の通りです。

 

leagueの定型表現の意味・用法
  1. be in a different league from~: ~と格が異なる
  2. be in a league by oneself / be in a league of one’s own: 他より断然優れている、右に出る者がいない
  3. be not in the same league as(with)~ / be not in O’s league: ~にはとても及ばない
  4. be out of O’s league: ~の能力の及ばない、手の届かない
  5. in another league: 段違いに
  6. in league with~: ~と結託して
  7. league standings / league table: リーグ戦の順位表、比較一覧表

 

 

leagueには「リーグ、同盟、連盟」といった意味があります。この点を意識しつつ各表現を直訳すると、意味を理解しやすくなると思います。

 

leagueの直訳(赤字)
  1. be in a different league from~: ~と格が異なる(≒~とは異なるリーグにいる
  2. be in a league by oneself / be in a league of one’s own: 他より断然優れている、右に出る者がいない≒一人だけのリーグにいる
  3. be not in the same league as(with)~ / be not in O’s league: ~にはとても及ばない≒~とは同じリーグにはいない
  4. be out of O’s league: ~の能力の及ばない、手の届かない≒~のリーグの外にいる
  5. in another league: 段違いに≒別のリーグにいる
  6. in league with~: ~と結託して≒~と同盟して
  7. league standings / league table: リーグ戦の順位表、比較一覧表≒リーグの表

 

おわりに

いかがでしたか? 参考書等では見ることがあまりないleagueの定型表現の意味・用法まとめでした。

 

コメント