【超シンプル】no 比較級 than / not 比較級 thanの意味の違いとは?

倒置・否定・省略・強調

 

今回は no 比較級 than と not 比較級 thanの意味の違いを取り上げてみたいと思います。見かけ上の違いは小さいですが、訳すときには注意が必要な表現です。

 

また、一般的に「not 比較級 thanは良くない」と言われていますが、一体どうしてなのでしょうか?

 

今回は、そんな疑問をサクッと解決してみたいと思います!

 

no 比較級 than と not 比較級 thanの意味の違い

no 比較級 than と not 比較級 thanの意味の違いは下記の通りです。なお、わかりやすくするために、”He is taller than I. (彼はわたしより背が高い)”という具体的な例文を元にまとめてみました。

 

 

ポイント

<A no 比較級 than B: Aが比較級でないのは、Bが比較級でないのと同様だ>

  • He is no taller than I. (彼の背が高くないのは、私の背が高くないのと同様だ)

 

<A not 比較級 than B: AはBより比較級ではない>

  • He is not taller than I. (彼の背がわたしより高い、というわけではない)

 

★noは差を否定、notは文自体を否定している点に注目!

 

 

ポイントは、

  • noは差を否定
  • notは文自体を否定

という点です。

 

 

下記にて詳しく見ていきます。

 

no 比較級 than

「A no 比較級 than B: Aが比較級でないのは、Bが比較級でないのと同様だ」から見ていきましょう。

 

例文はコチラです。

He is no taller than I.

(彼の背が高くないのは、私の背が高くないのと同様だ)

 

 

noは直後のtallerを否定しています。そのため、「彼と私の背の高さに差はない」という意味が生まれています。

 

また、tallerが否定されていることから、「tallではない = 背が高くはない」という意味を帯びることになります。

 

 

そのため、

  • 彼は背が高くない = 私は背が高くない ⇒彼の背が高くないのは、私の背が高くないのと同様だ

という意味になるのですね。

 

 

ちなみに、これは「クジラの構文」と同じ構造です。「クジラの構文」が気になる方は、下記の記事を参照してみてくださいね。5分弱でサクッと読めます。

【クジラの構文】no more~than…を一発で覚える方法

 

not 比較級 than B

「A not 比較級 than B: AはBより比較級ではない」を見てみましょう。

 

例文はコチラです。

He is not taller than I.

(彼の背がわたしより高い、というわけではない)

 

 

ここでのnotは、単純に文自体を否定しています。

 

つまり、

  • He is taller than I. (彼はわたしより背が高い)
  • He is not taller than I. (彼はわたしより背が高いわけではない)

 

「not 比較級 thanは良くない」という話の真相

「not 比較級 thanは良くない」と授業で訂正されたことのある方も多いのでしょうか?

 

おそらく、典型的には下記のようなケースだと思います。

問題:彼はわたしほど背が高くはない

 

正解:He is not as tall as I.

誤答:He is not taller than I.

 

 

しかし、先ほどの例文では、”He is not taller than I.”という文もありましたよね。

 

それでも、この問題においては、”He is not taller than I.”はあまりよくない解答なのです。

 

 

まずは問題文の「彼はわたしほど背が高くはない」という日本語の意味から考えていきましょう。これを図で示すと、下記のような状況ですね。「彼の方が背が低い」という意味です。

 

 

これは「A not as tall as B: AはBほど背が高くはない」で表現できるのです。

 

 

というのも、“as~as”には「同じくらい~」という意味があります。これを“A not as tall as B”と否定すれば「AはBと同じくらいtallではない」となります。

 

その結果、「AはBほど背が高くはない」という意味になるのですね。

 

※not as ~ asの形については、下記でもう少し詳しく説明しています。5分くらいで読めるので、よろしければぜひお読みくださいね。

【原級⇔比較級の書き換え】not as ~ as = less ~ thanの意味・用法

 

 

 

一方、“He is not taller than I. (彼はわたしより背が高いわけではない)”はどうでしょうか。

 

notが否定しているのは、”taller: より背が高い”という情報です。

 

 

つまり、「彼は私より背が高い」という事実が否定されているだけなので、厳密には

  • 彼は私より背が低い
  • 彼は私と同じ背の高さ

のどちらも意味としては含むことになります。

 

 

 

ここで、問題文の「彼はわたしほど背が高くはない」を考えてみましょう。これが意味しているのは、「彼の方が背が低い」という意味だけですよね。

 

 

したがい、”He is not taller than I.”は少し意味がずれてしまうので、問題文の和訳としてはバツになってしまうのですね。

 

 

なお、そもそも論になってしまうのですが、「”He is not taller than I.”のように、比較表現とnotはセットで使用されることはあまりない」という話もあります。

 

一般的には、比較表現とnotがセットで使用されるのは、使用誰かの意見や質問に対して答える場合に限られるようです。

 

※もっと言うと、ネイティブはこの文脈においてnotとnoをそれほど区別していない、この文脈ではnoを普通は使うだけ、という話もあります。

 

まとめ

いかがでしたか? 下記に改めてまとめを再掲しておきます。すっと頭に入りやすくなっているはずですよ。

 

ポイント

<A no 比較級 than B: Aが比較級でないのは、Bが比較級でないのと同様だ>

  • He is no taller than I. (彼の背が高くないのは、私の背が高くないのと同様だ)

 

<A not 比較級 than B: AはBより比較級ではない>

  • He is not taller than I. (彼の背がわたしより高い、というわけではない)

 

★noは差を否定、notは文自体を否定している点に注目!

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント