【意外と知らない】payの意味・用法【かんたん理解】

基本単語

 

今回はpayの主な意味・用法をまとめてみたいと思います。

 

「払う」という意味の単語ですが、

お金を払うのか注意を払うのかモノの代金を払うのか…

 

払う内容によって使い方が変わってきます。

 

今回まとめて確認してみましょう!

 

payの主な意味・用法まとめ

payの主な意味・用法まとめです。

 

 

ポイント
  • pay お金:お金を払う
  • pay 注意:注意を払う
  • pay :人に(代金を)払う

 

  • pay for モノ:モノの代金を支払う

 

  • pay back お金/借り:お金を返す/借りを返す(仕返しをする)

 

payの例文

payの例文はコチラです。

 

 

「お金/注意」を払う場合は、payの直後に置かれます。

I paid 10 dollars.

(わたしは10ドル支払った)

 

I paid no attention to it.

(わたしはそれに全く注意を払わなかった)

 

 

「人」に対して支払う場合は、人が直後に来ます。

I paid the tailor.

(わたしはその仕立て屋へ(代金を)支払った)

 

 

なお、モノに対して支払いをする場合は、pay forという形にします。

I paid for the meal.

(わたしはその食事の代金を支払った)

 

forは「~のために」あるいは「交換」という意味に近い形で使われています。forに関しては、コチラの記事でさらに詳しく説明しています。forもなかなか奥深くて面白いですよ。

【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

 

 

pay backで「お金を返す/借りを返す(仕返しをする)」です。

I paid back the money.

(わたしはそのお金を返した)

 

I paid him back the money.

(わたしは彼にお金を返した)

 

I want to pay back your favor.

(わたしはあなたのご好意にお返しをしたい)

 

I paid him back for the insult.

(わたしは彼にその侮辱の仕返しをした)

 

 

 

payの使い方は意外と見落としがちですが、細かい使い分けを出来ると良いですね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント