【決定版】to be Cの省略パターン/ルールまとめ

基本単語

 

今回はto be Cの省略についてまとめてみたいと思います。表現によっては、to beの部分が省略されることがあるのですね。

 

どんな単語で起こるのか?

 

どんなルールが存在するのか?

 

意外と知られていない点が多いと思いますので、今回まとめてみました。

 

to be Cの省略パターン/ルールまとめ

下記にto be Cのto be部分が省略される表現をまとめてみました。

 

ポイント

<to beの省略が起こる表現>

  • seem (to be) C: Cのように思われる
  • appear (to be) C: Cのように思われる
  • prove (to be) C: Cのように思われる
  • turn out (to be) C: Cのように思われる

 

<to beの省略が起こるためのルール>

  • Cの部分に比較可能な単語が来ている(比較級や最上級を持たないような表現は、原則to be省略不可)

 

to be Cの省略パターン/ルール詳細

先ほどのルールを少し詳しく説明します。

 

to beの部分が省略される表現としてよく出てくるのは、seem/appear/prove/turn out to be Cなどです。

 

下記がその例文です。全てto be部分の省略が可能です。

He seems (to be) lazy. (彼は怠惰なように思われる)

 

He appears (to be) lazy. (彼は怠惰なように思われる)

※seemよりも外見的に判断を下しているイメージ

 

He proved (to be) lazy. (彼は怠惰であるとわかった)

 

He turned out (to be) lazy. (彼は怠惰であるとわかった)

 

 

一般に、to beの後ろに比較級最上級を持たない表現が来ている場合は、to beを省略できないとされています。

 

例えば下記のような表現です。

The problem seems to be philosophical.

(その問題は哲学的であるように思われる)

 

The creature seems to be a bird.

(その生物は鳥であるように思われる)

 

 

「哲学的」という表現に比較級は存在しませんし、

「鳥らしさ」からも比較表現は連想しにくいです。

 

 

先ほどto be部分省略の例として挙げた「lazy: 怠惰な」という単語は、比較級が存在するため、to be省略が可能なのですね。

 

 

また、下記のような表現でも、「より素敵な女の子」「より愚かな人間」という比較表現が連想しやすいので、やはりto be部分の省略が可能になっています。

He seems (to be) a fool.

(彼は愚か者のように思われる)

 

She seems to be a nice girl.

(彼は素敵な女の子のように思われる)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

とても細かいルールですが、よくよく考えてみると楽しいですね。改めて下記のポイントを眺めてみて、これを機会にぜひ知識を習得してくださいね。

 

 

ポイント

<to beの省略が起こる表現>

  • seem (to be) C: Cのように思われる
  • appear (to be) C: Cのように思われる
  • prove (to be) C: Cのように思われる
  • turn out (to be) C: Cのように思われる

 

<to beの省略が起こるためのルール>

  • Cの部分に比較可能な単語が来ている(比較級や最上級を持たないような表現は、原則to be省略不可)

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント