【一発理解!】these days/nowadays/lately/recentlyの使い分け【最近】

基本単語

 

下記は全て「最近」を示す単語ですが、正確な使い分けは出来ますか?

 

these days/nowadays/lately/recently

 

 

全部同じだと思っていた…

 

 

 

実はコレ、かなり使い方が違うのですね。

 

今回は覚え方も含め、わかりやすくまとめてみました。3分程度で読めますよ!

 

these days/nowadays/lately/recentlyの違い

まずは結論から。

 

these days/nowadays/lately/recentlyの使い分けは下記の通りです。

 

 

現在 過去 現在完了
nowadays

”now”なのでいまを指している

these days

”these”なので近いところを指している

→過去との相性が悪い!

recently

→「最近」という「過去+現在」を幅で示す(肯定文での使用が多い)

→「現在より少し前に起きた一回きりの過去の出来事」を指す。現在との相性は悪い

lately

→「最近」という過去+現在を幅で示す(否定文での使用が多い)

→「少し前から継続・反復している出来事」を指すため、現在完了形との相性が良い。現在との相性は悪い

 

 

まずは、nowadaysとthese daysが現在形と相性が良いという点を押さえましょう。

 

now: いま

these: これら

といった単語が含まれていることからもわかる通り、比較的現在に近い時点を指すのですね。

 

 

 

一方、recentlyやlatelyは現在形との相性が良くありません。

 

recentlyは一回きりの出来事を指すため、過去形や現在完了形 (特に結果・完了用法)との相性が良いです。

 

latelyは継続して起きている出来事を指すため、現在完了形との相性が良いです。(過去形は過去を点で示す表現なので、何度も継続している起きているカンジとは相性があまり良くないのです)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

こういった単語の用法の違いを覚えるときも、単語の成り立ちに注目すると、暗記が一気に楽になりますね!

 

 

本記事がみなさまのお役に立てたのであれば嬉しいです。

 

 

なお、現在完了形と過去形の違いがわからない方は、ぜひ下記の記事をお読みください。両者の違いを死ぬほどわかりやすく説明しています。

過去記事:過去形と現在完了形の違いを本質的に理解する

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【一発理解!】these days/nowadays/lately/recentlyの使い分け【最近】 […]