【徹底検証】promise O to Vの形はなぜおかしいか?

基本単語

 

今回は「promise O to V: OにVするよう約束する」という形がなぜおかしいか?

 

これを徹底検証してみたいと思います。

 

XX O to Vという形を取る動詞はたくさんありますが(コチラの記事参照)、

promise O to Vは少し事情が異なるのですね。

 

その理由もちゃんとあります。今回は、それをじっくり探ってみましょう。

 

promise O to Vがダメな理由

promise O to Vがダメな理由は、文全体の主語とto Vの主語が一致しているからです。

 

これが結論です。

 

 

意味ワカラン

 

 

例えば、XX O to Vを取る動詞の代表例、tellやaskを見てみましょう。

 

tell O to Vは「OにVするよう言う」

ask O to Vは「OにVするよう頼む」という意味を持ちます。

 

He told me to carry the box.

(彼は私にその箱を運ぶよう言った)

 

He asked me to carry the box.

(彼は私にその箱を運ぶよう頼んだ)

 

 

ここで、to carry (to V)の部分の動作主について考えてみてください。

 

「to carry: 運ぶ」のは誰ですか?

 

「わたしに運ぶよう言った/頼んだ」だから、

運ぶのは「わたし」かな?

 

 

 

その通りです。

 

 

XX O to Vの形を取る動詞の場合、Oとto Vの間に「Oがto Vする」という関係が成り立っています。

 

 

一方、仮にpromise O to Vを「OにVするよう約束する」の意味で使った場合はどうでしょう?

 

例文を出すと、下記のようになります。

He promised me to carry the box.

(彼はわたしにその箱を運ぶと約束した)

 

 

上記の文で、to Vの動作主は誰になっていますか?

 

「彼はわたしにその箱を運ぶと約束した」だから、

to carryするのは「彼」かな。

 

 

その通りです。

 

つまり、Oとto Vの間に「Oがto Vする」という関係が成り立っていないのですね。

(me to carryの間に、「わたしが運ぶ」という関係が成り立っていません)

 

 

これが冒頭に述べたpromise O to Vがダメな理由は、文全体の主語とto Vの主語が一致しているからという記述の意味です。

 

 

他のXX O to Vという表現と比べ、promiseの場合はOとto V間に「Oがto Vする」という関係が成り立っていないので少し異質、つまり、一般的には認められていない表現となるのですね。

 

 

そのため、一般的にはpromise O to Vの代わりに、下記のような表現を用います。

NG: He promised me to carry the box.

⇒OK: He promised me that he would carry the box.

(彼はわたしにその箱を運ぶと約束した)

 

⇒OK: He promised to carry the box.

(彼はその箱を運ぶと約束した)

 

 

細かい知識ですが、本質を理解できていれば暗記はそれほど難しくないはずです。

 

XX O to V系の主な動詞は下記の記事にまとめてあるので、それとあわせて違いをマスターしてくださいね。

 

【カンタン理解!】SVO to V型の動詞

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント