【英語語源mit】submit, omit, emit等の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

講師のNです。

 

今回は、submit, omit, emit…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

全部知らない単語だ…

 

中心はmit「送る」

今回中心になっているのは、mitです。

 

mitには「送る (=send)」という意味があります。

 

 

たとえばどんな単語に使われているの?

 

 

やや難しいかもしれませんが、

transmit「~を伝達する、送る」という単語が比較的知られているかもしれません。

 

トランスミッター (transmitter)は、

スマホの音楽を車のステレオに伝送する (=送る)機械のことです。

 

そういえば聞いたことあるかも

 

 

 

ちなみに、transmitは下記のように考えることが出来ます。

  • trans-:別の場所へ
  • -mit:送る

 

 

「別の場所へ+送る」

「~を伝達する、送る」

というわけですね。

 

 

 

mitは「送る」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

submit「~を提出する、~に服従する」

submit「~を提出する、~に服従する」は次のように考えてみましょう。

 

  • sub-:下に
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「下に+送る」

「ハイどうぞ、と目上の人に下からから送る」

「~を提出する、~に服従する」

となるわけです。

 

 

モノを下から送るなら「提出」

自分を下から送るなら「服従」と考えればわかりやすいですね!

 

omit「~を省略する」

omit「~を省略する」は次のように考えてみましょう。

 

  • o-:反対に (ob-と同じ)
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「反対に+送る」

「反対方向に送って含めない」

「~を省略する」

となるわけです。

 

emit「(光や熱、ガスなど)を出す」

emit「(光や熱、ガスなど)を出す、放つ」は次のように考えてみましょう。

 

  • e-:外に (ex-と同じ)
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「外に+送る」

「内側にあるものを外へ出す」

「(光や熱、ガスなど)を出す、放つ」

となるわけです。

 

permit「~を許可する」

permit「~を許可する」は次のように考えてみましょう。

 

  • per-:~を通して、完全に
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「~を通して+送る」

「関所のような場所を通して、その先へ送る」

「~を許可する」

となるわけです。

 

 

こんな感じで、関所の許可を得て先へ送っていくイメージでしょうか。

→→→<関所>→→→

 

 

仕事でもそうですが、「上司や先輩の許可」を通さなければ、

その先のステップには進めませんよね。

 

admit「~に入る、~を認める」

admit「~に入る (入学・入場)、~を認める」は次のように考えてみましょう。

 

  • ad-:~に
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「~に+送る」

「~に入る (入学・入場)、~を認める」

となるわけです。

 

 

ここでの「入る」は、入学や入場などの意味で使われています。

 

このことから、「認める」の意味合いも出てくるわけですね。

 

「入学を認める」という表現があるからね!

 

 

commit「~に真剣に取り組む、~を犯す」

commit「~に真剣に取り組む、~を犯す」は次のように考えてみましょう。

 

  • com-:完全に
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「完全に+送る」

「自分の時間や労力をガッツリ送る」

「~に真剣に取り組む、~を犯す」

となるわけです。

 

 

commitは下記のように様々な意味を持つのですが、「ガッツリやる→自分を逃げられない状況まで追い込む」と考えると、理解が容易になります。

  • ~を犯す
  • Vすることを約束する(commit oneself to V/Vingの形で)
  • ~に真剣に取り組む、傾注する
  • ~を託す
  • ~を裁判にかける
  • ~をゆだねる

 

 

なお、ライザップの「結果にコミットする」もまさにこのイメージですね。逃げられない状況まで、がっつりトレーニングをして、ある結果を約束するイメージです。

 

committee「委員会」

ちなみに、語尾に-ee「~される人」がつくと、

committee「委員会」という意味になります。

 

「自分の時間や労力をガッツリ送らされる人」

「委員会」

というわけですね。

 

 

-ee「される人」は、

  • employee:従業員(=雇用される人)
  • trainee:研修生(=トレーニングされる人)

などで出てくるので、要チェックです。

 

remit「(金銭)を送る、免除する」

remit「(金銭)を送る、~を免除する」は次のように考えてみましょう。

 

  • re-:応酬、後退、元に、再び
  • -mit:送る

 

 

つまり、

「応酬・後退+送る」

「応酬として送る、後ろ側に送る」

「(金銭)を送る、~を免除する」

となるわけです。

 

 

これはイマイチしっくりこないかな

 

そうかもしれません。笑

まあ、しっくりこないものは、無理に語源で覚える必要はないと思います。

 

intermittent「断続的な」

intermittent「断続的な、散発的な」は次のように考えてみましょう。

 

  • inter-:間に
  • -mit:送る
  • ent-:単語を形容詞化

 

 

つまり、

「間に+送る+形容詞」

「空き時間で送る+形容詞」

「断続的な、散発的な」

となるわけです。

 

(おまけ) 語尾が-ssionになると…

さて、intermittentを除き、紹介した単語は全て動詞でした。

実は紹介した動詞は全て語尾が-ssionに変化し、名詞となることができます。

 

せっかくなので、一覧で名詞化した単語も紹介しておきます。

  • submission:提出、服従
  • omission:省略
  • emission:排出、放射
  • permission:許可
  • admission:入場料、、入ること、認めること
  • commission:委員会、委任、手数料
  • remission:免除、(痛みの)軽減

 

 

全て、もとの動詞の意味が反映されていますね!

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 興味のある方はコチラの記事    語源:mitもお読みください! […]

  2. […] mit (= send 送る) […]

  3. […] transmit: ~を送る(「mit: 送る」の意) […]