【単語から理解】much moreとmuch lessの意味と違い【let aloneなぜ】

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回は比較級の表現、much moreとmuch lessについてまとめてみました。

 

なんか似たような表現…

 

大丈夫です。5分でササっと理解できます。

much more、much lessの意味

much moreとmuch lessのほか、

同意表現として、still more、still less、let aloneなんてものがあります。

 

まずは全体像を確認しておきましょう。

 

 

much more、much less表現まとめ
  • much more:なおさら~だ(肯定文に使用。プラスにプラスを付け加える)

   = still more

  • much less:ましてや~ない(否定文に使用。マイナスにマイナスを付け加える)
   = still less、even less、let alone

 

 

よくわからない…

 

単語の成り立ちから説明するので大丈夫!

 

後でこのまとめを見直したとき、一発で頭に入ってくるでしょう。

 

単語の意味から考える

それぞれの言い回しを単語レベルで考えていきたいと思います。

 

次の順番で見ていきたいと思います。

  1. much more、still more
  2. much less、still less、even less、let alone

 

much more

much moreは肯定文で使われ、「なおさら~だ」という意味になります。

そして、still moreも同様に使われます。

 

 

例文で見てみましょう。

Ken can speak English, much more Japanese.

= Ken can speak English, still more Japanese.

(ケンは英語を話すことが出来る、日本語はなおさらだ)

 

これはひとことで言うと、プラスにプラスを付け加える表現です。

 

プラスにプラスを付け加える??

 

 

まず、文の前半部分で「ケンは英語を話せる」と言っているわけです。

いわゆる肯定文ですので、「英語を話せる」というのは、プラスの表現なわけです。

 

ここにさらに「日本語が話せるのはなおさらだ」とプラスを付け加えるのがmuch moreです。

「英語が話せるんだ、日本語話せるなんて当たり前だろう」と。

 

プラス(英語が話せる)にプラス(日本語が話せる)を付け加えていますね。

 

 

ケンは、まあ名前から考えて日本人なんでしょう。日本人である彼が英語を話せるのだから、日本語なんて当然話せるに決まってる。そんな風に使われていますね。

 

moreというのは「もっと多い」という意味の単語ですね。プラス方向の単語です。

そこでmuchがmoreを強めて、「なおさらだ」というプラス方向の意味を出しているわけです。

 

また、still moreも同じです。stillは「まだ、なおいっそう」という意味を持つので、moreを強めています。その結果、「なおさらだ」というプラス方向の意味を出しています。

 

much less

much lessは否定文で使われ、「ましてや~ない」という意味になります。

同様の表現に、still lessやeven less、let aloneがあります。

 

 

例文で見てみましょう。

Ken cannot speak English, much less French.

= Ken cannot speak English, still less French.

= Ken cannot speak English, even less French.

= Ken cannot speak English, let alone French.

(ケンは英語を話すことが出来ない、ましてやフランス語など話せない)

 

先ほどの逆です。マイナスにマイナスを付け加えていますね。

 

まず、文の前半部分で「ケンは英語を話せない」と言っているわけです。

いわゆる否定文。「英語を話せない」というのは、マイナスの表現ですね。

 

ここにさらに「ましてやフランス語は話せない」とマイナスを付け加えるのがmuch moreです。

「英語が話せないんだ、フランス語話せないなんて当たり前だろう」と。

 

マイナス(英語が話せない)にマイナス(フランス語が話せない)を付け加えていますね。

 

 

先ほど同様、ケンは日本人なんでしょう。日本人である彼が英語を話せない、あんなに授業で勉強したのに。だから、フランス語なんて話せないに決まってる。そんな表現です。

 

lessは「より少ない」というマイナス方向の単語です。

muchがlessを強めて、「ましてや~ない、なおさら~ない」というマイナス方向の意味を出しているわけです。

 

 

また、still lessやeven lessも同じです。

 

stillは「まだ、なおいっそう」evenは「さらに、なおさら」という意味を持ちます。後ろの単語、つまりlessを強調しています。その結果、「ましてや~ない」というマイナス方向の意味を出しています。

 

 

ちなみに、let aloneも「ましてや~ない」という意味を持ちます。やはり同じくマイナス方向の意味を強めます。

 

どうして?

 

letには「~するままにさせる」という意味があります。ざっくり言うと「放っておけ」的な意味です。let it be(なすがままに)とかlet it go(ありのままに)なんかはこの意味で使われています。

 

そして、aloneは「一人で」という意味を持ちます。

 

つまり、let aloneで「一人にさせておけ」→「無視してOK」→「言うまでもない(ましてや~ない)」です。

 

「ましてや~ない」というのは、「言うまでもないくらい当たり前だろ」というコトですので、意味はつながっていますね。

 

(多少ムリヤリ感はあるけど)たしかに…!

まとめ

いかがでしたか? 以上の説明を読んだうえで、最初の説明を改めて眺めてください。

 

 

much more、much less表現まとめ
  • much more:なおさら~だ(肯定文に使用。プラスにプラスを付け加える)

   = still more

  • much less:ましてや~ない(否定文に使用。マイナスにマイナスを付け加える)
   = still less、even less、let alone

 

あ、なんか意味がわかるかも

 

中身を理解すれば、表現を覚えやすいですね。あとは何度も音読をして、表現を身体で覚えてしまいましょう。

 

それではまた!

(註:説明の関係上紹介しましたが、much moreやstill moreは最近ではあまり使われないようです。much lessは普通に使われていますが)

 

コメント