YouTubeもやっています!

【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け【頻出表現まとめ】

前置詞

 

今回はIt is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けについてまとめてみたいと思います。

 

forとofでは何が違うのか? どんな表現でofが使われやすいのか?

 

サクッと紹介してみたいと思います。

 

It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分け

It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けのまとめは下記の通りです。

 

 

ポイント

<意味上の主語of/forの使い分け>

  • It is ~ for 人 to V ⇒”~”の部分が「事柄」に対する評価の場合
  • It is ~ of 人 to V ⇒”~”の部分が「人」に対する評価の場合

 

ofとセットになりやすい表現は以下の通り。全て「人」に対する評価につながり易そうな単語なのだ、とざっくりチェックしておきましょう。個別に丸暗記する意味はあまりないです。bad/bold/brave/careless/clever/crazy/cruel/decent/foolish/good/honest/kind/unkind/naughty/nice/noble/polite/right/rude/selfish/sensible/silly/stupid/sweet/thoughtful/wicked/wise/wrong

 

 

 

なお、「意味上の主語って何?」という方は、下記の記事をお読みください。サクッと理解できます。

【不定詞と動名詞】意味上の主語等まとめ

 

 

まだピンとこない方も多いと思うので、具体例と一緒に見ていきましょう。

 

It is ~ for 人 to V

It is ~ for 人 to Vの場合から見ていきましょう。

 

こちらの表現は、“~”の部分が「事柄」に対する評価の場合に使われます。

 

 

下記の例文を見てください。”~”の部分が全て、「事柄」に対する評価になっている点に注目です。(impossible⇒to finish the work in a day、necessary⇒to do the workという関係です)

It is impossible for me to finish the work in a day.

(わたしがその仕事を一日で終えるのは不可能だ)

 

It is necessary for him to do the work.

(彼がその仕事をするのは必要だ)

 

It is ~ of 人 to V

It is ~ of 人 to Vの場合です。

 

こちらの表現は、“~”の部分が「人」に対する評価の場合に使われます。

 

 

下記の例文を見てください。”~”の部分が全て、「人」に対する評価になっている点に注目です。(kind⇒him、careless⇒himという関係です)

It was kind of him to help her.

(彼女を助けるとは、彼は親切だった)

 

It was careless of him to leave the bag in the train.

(かばんを電車に置き忘れるだなんて、彼は不注意だった)

 

どちらも可能な場合

オマケで、for/ofどちらも可能な場合を見てみましょう。

 

 

forが使われている場合は事柄に対する評価、

ofが使われている場合はに対する評価になっています。

 

それぞれ訳の違いに注目しつつ、例文を眺めてみてください。

It was wise for you to go there.

(君がそこへ行ったことは賢かった)

 

It was wise of you to go there.

(そこへ行くとは、君は賢かった)

 

 

wise/foolish/right/wrongなどのように、「賢い/愚か/良い/悪い」といった単語が直前で使われている場合、for/ofどちらも可能なケースがちょくちょくあります。

 

おわりに

いかがでしたか? 最後にまとめを見てみましょう。

 

 

ポイント

<意味上の主語of/forの使い分け>

  • It is ~ for 人 to V ⇒”~”の部分が「事柄」に対する評価の場合
  • It is ~ of 人 to V ⇒”~”の部分が「人」に対する評価の場合

 

ofとセットになりやすい表現は以下の通り。全て「人」に対する評価につながり易そうな単語なのだ、とざっくりチェックしておきましょう。個別に丸暗記する意味はあまりないです。bad/bold/brave/careless/clever/crazy/cruel/decent/foolish/good/honest/kind/unkind/naughty/nice/noble/polite/right/rude/selfish/sensible/silly/stupid/sweet/thoughtful/wicked/wise/wrong

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け […]

  2. […] 【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け […]