【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け【頻出表現まとめ】

前置詞

 

今回はIt is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けについてまとめてみたいと思います。

 

forとofでは何が違うのか? どんな表現でofが使われやすいのか?

 

サクッと紹介してみたいと思います。

 

It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分け

It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けのまとめは下記の通りです。

 

 

ポイント

<意味上の主語of/forの使い分け>

  • It is ~ for 人 to V ⇒”~”の部分が「事柄」に対する評価の場合
  • It is ~ of 人 to V ⇒”~”の部分が「人」に対する評価の場合

 

ofとセットになりやすい表現は以下の通り。全て「人」に対する評価につながり易そうな単語なのだ、とざっくりチェックしておきましょう。個別に丸暗記する意味はあまりないです。bad/bold/brave/careless/clever/crazy/cruel/decent/foolish/good/honest/kind/unkind/naughty/nice/noble/polite/right/rude/selfish/sensible/silly/stupid/sweet/thoughtful/wicked/wise/wrong

 

 

 

なお、「意味上の主語って何?」という方は、下記の記事をお読みください。サクッと理解できます。

【不定詞と動名詞】意味上の主語等まとめ

 

 

まだピンとこない方も多いと思うので、具体例と一緒に見ていきましょう。

 

It is ~ for 人 to V

It is ~ for 人 to Vの場合から見ていきましょう。

 

こちらの表現は、“~”の部分が「事柄」に対する評価の場合に使われます。

 

 

下記の例文を見てください。”~”の部分が全て、「事柄」に対する評価になっている点に注目です。(impossible⇒to finish the work in a day、necessary⇒to do the workという関係です)

It is impossible for me to finish the work in a day.

(わたしがその仕事を一日で終えるのは不可能だ)

 

It is necessary for him to do the work.

(彼がその仕事をするのは必要だ)

 

It is ~ of 人 to V

It is ~ of 人 to Vの場合です。

 

こちらの表現は、“~”の部分が「人」に対する評価の場合に使われます。

 

 

下記の例文を見てください。”~”の部分が全て、「人」に対する評価になっている点に注目です。(kind⇒him、careless⇒himという関係です)

It was kind of him to help her.

(彼女を助けるとは、彼は親切だった)

 

It was careless of him to leave the bag in the train.

(かばんを電車に置き忘れるだなんて、彼は不注意だった)

 

どちらも可能な場合

オマケで、for/ofどちらも可能な場合を見てみましょう。

 

 

forが使われている場合は事柄に対する評価、

ofが使われている場合はに対する評価になっています。

 

それぞれ訳の違いに注目しつつ、例文を眺めてみてください。

It was wise for you to go there.

(君がそこへ行ったことは賢かった)

 

It was wise of you to go there.

(そこへ行くとは、君は賢かった)

 

 

wise/foolish/right/wrongなどのように、「賢い/愚か/良い/悪い」といった単語が直前で使われている場合、for/ofどちらも可能なケースがちょくちょくあります。

 

おわりに

いかがでしたか? 最後にまとめを見てみましょう。

 

 

ポイント

<意味上の主語of/forの使い分け>

  • It is ~ for 人 to V ⇒”~”の部分が「事柄」に対する評価の場合
  • It is ~ of 人 to V ⇒”~”の部分が「人」に対する評価の場合

 

ofとセットになりやすい表現は以下の通り。全て「人」に対する評価につながり易そうな単語なのだ、とざっくりチェックしておきましょう。個別に丸暗記する意味はあまりないです。bad/bold/brave/careless/clever/crazy/cruel/decent/foolish/good/honest/kind/unkind/naughty/nice/noble/polite/right/rude/selfish/sensible/silly/stupid/sweet/thoughtful/wicked/wise/wrong

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け […]

  2. […] 【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け […]