YouTubeもやっています!

【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」とは?

準動詞

 

今回は不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」についてまとめたいと思います。

 

「意味上の主語」という単語は参考書等で何度か見て、

「結局なんなの?」という方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、そんな「意味上の主語」をわかりやすくサクッと説明します。

3分程度で読めます!

 

意味上の主語は「~が、は」と訳す

まずは結論から。意味上の主語のポイントは下記の通りです。

 

意味上の主語ポイント
  • 不定詞to Vはfor A to V、直前の”for A”がtoVの意味上の主語になる
  • 動名詞Vingは目的格/所有格 Ving、直前の”目的格/所有格”が意味上の主語になる
  • 不定詞と動名詞どちらのパターンも、「AがVする」という和訳になる

 

 

 

よくわからない…

 

 

 

不定詞to Vと動名詞Vingに分けて考えると良いですね。

 

具体例と一緒に、それぞれ詳しく説明します!

 

不定詞to Vの意味上の主語

不定詞to Vの意味上の主語は、for Aで示せるというコトでしたね。

 

次の例文を見てください。下の方の日本語訳に注目です。

It is difficult for me to finish the work.

(わたしにとってその仕事を終えることは難しい

わたしがその仕事を終えることは難しい)

 

 

for meは、文脈によって「わたしにとって」「わたしが」のどちらに訳すことも可能ですが、

その意味内容に注目してください。

 

  • 「わたしにとって (for me)」「~を終える (to finish)」
  • 「わたしが (for me)」「~を終える (to finish)」

 

どちらの場合も、to finishの動作主がfor meになっている点はお気づきでしょうか?

 

 

表面的な日本語は一度無視して、「誰がto finishするの?」という問いかけに対する答えを考えてください。

 

「for me = わたし」だ!

 

 

 

その通りです。to finishの動作主はfor meになっていますね。

 

このように、to Vの直前にfor Aを置き、“for A to V”とすることで、

to Vの動作主、つまりは意味上の主語を示すことが出来るのです。

 

その結果、「AがVする」という和訳になるのですね。

 

 

他にもいくつか例文を紹介いたします。

The best way is for them to understand each other.

(最善の方法は、彼らが互いを理解することだ  * 不定詞の名詞用法)

 

This e-mail is for us to tell you the truth.

(このメールは、我々があなたに真実を伝えるためのものだ  * 不定詞の名詞用法)

 

This is the best action for you to take.

(これが、あなたが取る最良の行動です  * 不定詞の形容詞用法)

 

In order for him to succeed, she supported him.

(彼が成功するために、彼女は彼を支えた  * 不定詞の副詞用法 in order to V: Vするために)

 

 

すべて、for A to V: AがVするという関係が成り立っていますね!

 

動名詞Vingの意味上の主語

動名詞Vingの意味上の主語は、目的格か所有格で示せるというコトでしたね。

 

基本的な仕組みは不定詞to Vの意味上の主語と同じです。

 

目的格、所有格ってなんだっけ??

 

 

具体的に例を挙げると次の通りです。

目的格:me, him, her, their, book… 

所有格:my, his, her, them, book’s…

 

 

例文はコチラです。

目的格/所有格 Vingで、「目的格/所有格がVする」という関係が成り立っている点に注目です。

They insisted on him doing the job.

They insisted on his doing the job.

(彼らは、彼がその仕事をやるのだと主張した)

 

She insisted on her husband doing the job.

(彼女は、彼女の夫がその仕事をやるのだと主張した)

* “her husband = 目的格”と考えてください

 

まとめ

いかがでしたか? 最初のまとめを改めて貼り付けておきます。

 

意味上の主語ポイント
  • 不定詞to Vはfor A to V、直前の”for A”がtoVの意味上の主語になる
  • 動名詞Vingは目的格/所有格 Ving、直前の”目的格/所有格”が意味上の主語になる
  • 不定詞と動名詞どちらのパターンも、「AがVする」という和訳になる

 

 

最初は意味不明だったこのまとめも、もう中身をバッチリ理解できますね!

 

意味上の主語がわかっていると、読解の幅/表現の幅が一気に広がります。

ぜひぜひ、何度も復習してしっかりマスターしてください!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」とは? […]

  2. […] ・【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」とは? […]

  3. […] 【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」 […]