【本質から理解!】前置詞between, among, during, forの違い

前置詞

 

今回は前置詞between, among, during, forの違いを一気にまとめてみたいと思います。

 

全て「~の間」という日本語訳になるのですが、その意味は全く違うのですね。

 

 

 

ホント?!

 

 

早速見ていきましょう!

 

betweenとamongは「モノや数」、duringとforは「時間」

between、among、during、forは大きく2つのグループに分けられます。

 

ズバリ、下記の通りです。

  • betweenとamongは「モノや数」の間
  • duringとforは「時間的な長さ」の間

 

 

betweenやamongが「人の間に」「3と5の間に」というように、

モノや数の間を意味する一方、

 

duringやforは「その大会の間」「3時間」というように、

時間的な長さを意味します。

 

 

  • between, amongと
  • duringとfor

 

この2つのグループに分けたうえで、今度はそれぞれのグループ内での違いを見ていきましょう

 

betweenとamongの違い

betweenとamongには下記のような違いがあります。

 

  • between: 2つの間、境界がハッキリしている (境界がハッキリしていれば3つ以上の間で使用されることもアリ)
  • among: 3つの間、境界が曖昧

 

between例文

betweenの例文を見てみましょう。

 

A war broke out between the two nations.

(戦争が二国間で勃発した = 2つの国の間で)

 

A treaty was concluded between China, Japan and America.

(条約が中国、日本、アメリカの間で締結された = 3つの国の間で。国の境界はハッキリしている)

 

The difference between John, Lucy, and Kate is ambiguous.

(ジョンとルーシー、ケイトの違いはあいまいだ = ジョンとルーシー、ケイトの間の違い)

 

Four comes between three and five.

(4は3と5の間にくる)

 

 

要注意なのは、2番目と3番目の例文です。

 

3つ以上であっても、それぞれにハッキリ境界がある場合(今回は一つ一つの国や人を区別して認識しています)、betweenを使用します。

 

amongの例文

amongの例文です。

 

There was a cottage among the trees.

(木々の間に小屋があった)

 

There is no disagreement among us.

(私たちの間に意見の不一致はない)

 

 

amongの後ろが3つ以上の不特定なもの(境界が曖昧なもの)が来ていることに注目してください。

 

the trees「木々」も、us「私たち」も、

1つ1つのモノや人をハッキリとは認識せず、ゴチャゴチャした集団として捉えています。

 

duringとforの違い

duringとforの違いは下記の通りです。

 

  • during:後ろに「特定の期間」
  • for:後ろに期間の長さ」

 

during例文

duringの例文です。

 

後ろに「特定の期間」が来ていることに注目です。

 

He studied English during his stay in London.

(彼がロンドンに滞在している間、彼は英語を勉強した)

 

They did not go out during the Olympic Game.

(オリンピックの間、彼らは外出しなかった)

 

for例文

forの例文です。

 

後ろに「期間の長さ」が来ていることに注目です。

 

He lived in London for five years.

(彼はロンドンに5年間住んだ)

 

He slept for ten hours.

(彼は10時間眠った)

 

まとめ

最後にそれぞれの違いを改めてまとめておきます。

 

between, among, during, forの違い
  • between: ①モノや数の間、②2つの間 (3つ以上の間で使うことも)、③境界がハッキリしている
  • among: ①モノや数の間、②3つ以上の間、③境界が曖昧

 

  • during: ①時間の間、②特定の期間
  • for: ①時間の間、②期間の長さ

 

 

表面的な和訳ではなく、意味を本質から理解すれば間違えることはなくなりますね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント