【本質から理解!】前置詞againstのイメージとは【意味】

前置詞

 

今回紹介するのは前置詞againstです。

 

 

一体どのような意味・イメージを持っているのでしょう?

 

 

図入りでわかりやすく説明します!

 

against「~に対して、反対して」

againstのイメージは下記の通りです。

 

  • ~に対して、反対して

 

 

図で説明すると下記の通りです。

 

二つの力が作用・反作用し合っているようなイメージですね。

 

againstの様々な用法

againstのイメージを捉えたところで、様々な用法を見ていきましょう!

 

againstの意味まとめ
  1. 「~に反対して」
  2. 「~に対して、もたれかかって(接触)」
  3. 「~と対照して、~を背景にして(対照)」
  4. 「~に備えて(準備)」

 

 

「~に反対して」

まずは「~に反対して」です。何かに対して真っ向から対立するイメージですね。

 

 

I am against the plan.

(わたしはその計画に反対だ)

 

 

ちなみに、「賛成だ」という表現にはforを使います。

I am for the plan.

(わたしはその計画に賛成だ)

 

※forの用法まとめはコチラ:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは【forの意味一覧】

 

「~に対して、もたれかかって(接触)」

二つの力が物理的作用しあっていると考えれば、「~に対して、もたれかかって(接触)」
という意味になります。

 

He leaned against the door.

(彼はドアに (対して)よりかかった)

 

「~と対照して、~を背景にして(対照)」

二つが作用・反作用していることを抽象的な意味合いで考えれば、「~と対照して、~を背景にして(対照)」

という意味になります。

 

The church stood against the blue sky.

(教会は青空を背景にくっきりとそびえ立っていた)

 

「~に備えて(準備)」

ある不測の事態に対抗するように、と考えれば「~に備えて(準備)」

という意味にもなります。

 

I bought warm clothes against winter.

(冬に備えて暖かい服を買った)

 

おわりに

againstは比較的単純なので、意味をつかみやすいですね!

 

ぜひぜひ、前置詞はイメージで理解する癖をつけてくださいね。

熟語の学習などにとても役立ちます。

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント