【本質から理解!】前置詞over, under / above, belowの違い

前置詞

 

今回は前置詞over, under / above, belowの違いを一気にまとめてみたいと思います。

 

それぞれ「上に」「下に」という似たような日本語になるのですが、その意味は全く違うのですね。

 

 

 

違いがわからない…

 

 

早速見ていきましょう!

 

over, underは三次元的+近い / above, belowは二次元的+遠い

まず、overとunder / aboveとbelowがそれぞれセットであることを確認しましょう。

 

そのうえで、それぞれの意味・イメージ図を見ていくと下記の通りです。

 

overとunder / aboveとbelow
<三次元的 + 近い>
  • over: ~の上に (覆いかぶさって)
  • under: ~の下に (真下に)

 

 

 

<二次元的 + 遠い(真上/真下でなくても良い)

  • above: ~の上に (上方に)
  • below: ~の下に (下方に)

 

 

 

 

 

わかるような、わからないような…

 

 

 

例文付きで、具体的に確認していきましょう!

 

overとunder / aboveとbelowの用例

overとunderが三次元的で近いaboveとbelowが二次元的で遠い(真上/真下でなくても良い)

 

このイメージを頭に入れたうえで、下記の用例を見ていきましょう。

 

over

overの例文は下記の通りです。

 

どの例文も、

  • 三次元的に覆いかぶさるほど
  • 近い関係性

が意識されていることに注目です。

 

The cat jumped over the fence.

(猫はフェンスを飛び越えた = フェンスの上に)

 

The bridge over the River Tone River is old.

(利根川に架かる橋は古い = 利根川の上に)

 

A lamp hung over the desk.

(ランプが机の上にかかっていた = 机の上に)

 

under

underの例文は下記の通りです。

 

どの例文も、

  • 三次元的に真下にあるほど
  • 近い関係性

が意識されていることに注目です。

 

The cat is under the chair.

(ネコは椅子の下にいる)

 

He dived under the water.

(彼は水の中にダイブした = 水の下に)

 

He left the Christmas present under the tree.

(彼はその木の下にクリスマスプレゼントを置いていった)

 

above

aboveの例文は下記の通りです。

 

どの例文も、

  • 二次元的な位置関係
  • 遠い関係性 (≒それほど近くはない、真上でなくても良い)

が意識されていることに注目です。

 

The airplane is flying above the clouds.

(その飛行機は雲の上を飛んでいる)

 

My house is above the restaurant.

(私の家はそのレストランの上にある)

 

The sun rose above the horizon.

(太陽が水平線の上に昇った)

 

There is a bridge two miles above the river.

(2マイル上流に橋がある)

 

below

belowの例文は下記の通りです。

 

どの例文も、

  • 二次元的な位置関係
  • 遠い関係性 (≒それほど近くはない、真下でなくても良い)

が意識されていることに注目です。

 

The airplane is flying below the clouds.

(その飛行機は雲の下を飛んでいる)

 

My house is below the restaurant.

(私の家はそのレストランの下にある)

 

The sun set below the horizon.

(太陽が水平線の下に沈んだ)

 

 

 

一見ごちゃごちゃになりそうですが、

イメージで整理するとスルっと頭に入ってきますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【本質から理解!】前置詞over, under / above, belowの違い […]

  2. […] 【本質から理解!】前置詞over, under / above, belowの違い […]