rob 人 of モノ型の動詞をイメージでまとめて理解【意味/一覧】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はrob 人 of モノ型の動詞の意味をまとめたいと思います。

 

いくつかパターンはあるのですが、前置詞ofのイメージさえ理解できれば、

全てスルっと理解できてしまうのです。

 

前置詞ofのイメージ?

むずかしそう…

 

 

死ぬほど簡単に説明するので大丈夫!

 

rob 人 of モノ型の動詞まとめ

まずは、rob 人 of モノ型の動詞を一覧で示します。

 

rob 人 of モノで「人からモノを奪う」という意味になりますが、

動詞の形が違っても、全て本質的には似たような意味になるんですね。

 

rob 人 of モノ型の動詞まとめ
  • rob 人 of モノ:人からモノを奪う
  • clear 場所 of モノ:場所からモノを取り除く
  • cure 人 of 病気:人の病気を治す
  • deprive 人 of モノ:人からモノを奪う
  • empty 容器 of モノ:(容器などから) モノを取り除く
  • relieve 人 of モノ:人からやっかいなモノを取り除く
  • rid 人 of モノ:人からモノを取り除く
  • strip 人 of モノ:人からモノをはぎとる

* 文脈次第では「人」や「モノ」の代わりに、別の名詞が入る可能性アリ。文脈で判断

 

 

意味が同じ…?

どこが?

 

 

それを理解するために、前置詞ofのイメージを説明します。

 

前置詞ofのイメージは「所属からの分離」

前置詞ofのイメージは、ズバリ「所属からの分離」です。

 

前置詞ofには、「もともと所属していたところから分離する」というニュアンスがあるんです。

 

 

下の図がofのコアイメージです。もともと所属していたBから、Aだけが分離して離れていく、というイメージで捉えてください。

 

たとえば、rob 人 of モノであれば、

「人」と「モノ」が離れていくイメージなんです。

 

誰かが「人」を襲って、「モノ」を引き離してしまう。

そのようなイメージなのです。

 

 

ofには「所属からの分離」の意味がある

という点を頭に置いたうえで、一つ一つの表現をチェックしていきましょう。

 

<参考記事>前置詞ofをイメージで理解する

 

rob 人 of モノ

rob 人 of モノで「人からモノを奪う」という意味になります。

 

 

先ほどの説明の通りですね。

誰かが「人」を襲って「モノ」を離すイメージです。

 

 

例文はコチラ。Maryとher bagを引き離しています。

He robbed Mary of her bag.

(彼はメアリーからバッグを奪った

≒直訳:メアリーとバッグを引き離した)

 

 

また、「人」の部分に「場所」が来ることもあります。ただ、「場所」と「モノ」を引き離している点は同じです。

The men robbed the bank of five million dollars.

(その男たちは、その銀行から500万ドルを奪い取った

≒直訳:その銀行と500万ドルを引き離した

 

clear 場所 of モノ

clear 場所 of モノで「場所からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

clearには「取り除く」という意味があります。

 

robと似ていますね。

「人」と「モノ」を引き離すのでofを使っています。

 

 

コチラが例文です。

They deprived him of his freedom.

(彼らは、彼の自由を奪った

≒直訳:彼と自由を引き離した)

 

 

なお、細かいですが、robとdepriveには次のような違いがあります。余裕のある方は頭に入れてくださいね。

 

  • rob:不法行為をして奪う(強盗とか)
  • deprive:罰を与えたり権利を侵害して奪う

 

cure 人 of 病気

cure 人 of モノで「人からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

cureには「治す、治療する」という意味があります。

「物事をクリアにする→キレイにする、取り除く」という発想です。

 

ofを使っているのは、「人から病気を引き離す」という意味合いを出すためです。

「人」から「病気」を引き離せば、病気を治療することになりますね。

 

 

コチラが例文です。

The doctor cured her of her disease.

(その医者は彼女の病気を治した

≒直訳:彼女と彼女の病気を引き離した)

 

deprive 人 of モノ

deprive 人 of モノで「人からモノを奪う」という意味になります。

 

 

depriveには「奪う」という意味があります。

ofを使っているのは、「人から病気を引き離す」という意味合いを出すためです。

「人」から「病気」を引き離せば、病気を治療することになりますね。

 

 

コチラが例文です。

The doctor cured her of her disease.

(その医者は彼女の病気を治した

≒直訳:彼女と彼女の病気を引き離した)

 

empty 容器 of モノ

empty 容器 of モノで、「(容器などから) モノを取り除く」という意味になります。

 

 

emptyには「空(から)にする」という意味があります。

車の燃料がなくなると「empty(エンプティ―)」というマークがつきますね。

 

ofを使っているのは、「容器からモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

「容器」から「モノ」を引き離せば、中身を空にすることになりますね。

 

 

コチラが例文です。

He emptied the drawer of its contents.

(彼は引き出しから物を取り除いた

≒直訳:引き出しと中身を引き離した)

 

relieve 人 of モノ

relieve 人 of モノで、「人から(やっかいな)モノを取り除く」という意味になります。

 

 

relieveには「解放する、楽にする」という意味があります。

 

ofを使っているのは、「人からやっかいなモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

 

 

コチラが例文です。

He relievedme of my anxiety.

(彼はわたしから不安を取り除いた

≒直訳:わたしと不安(=やっかいなモノ)を引き離した)

 

rid 場所 of モノ

rid 場所 of モノで、「場所からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

ridには「取り除く」という意味があります。

 

ofを使っているのは、「人からモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

 

 

コチラが例文です。

He ridthe house of mice.*

(彼は家からネズミを取り除いた

≒直訳:家とネズミを引き離した)

 

* ridの過去/過去分詞形はridが普通。英国で能動態で使われるときのみ、ridded

 

 

なお、get rid of~で「~を取り除く」という意味の熟語になります。ridは、こちらの表現の方が有名かもしれません。

He got rid of a bad habit.*

(彼は悪い習慣をやめた

≒直訳:悪い習慣を取り除いた)

 

strip 人 of モノ:人からモノをはぎとる

strip 人 of モノで、「人からモノをはぎとる」という意味になります。

 

 

少しアダルトなワードですが、「ストリップ」というショーがありますね。

(たぶん主に)女性が服を脱いでいく様を観客に見せるショーです。

「人から服をはぎとっていく」ので「ストリップ」と呼ばれているのですね。

 

 

ofを使っているのは、「人からモノを引き離す」というニュアンスを出すためですね。

 

 

コチラが例文です。文脈次第では、「人」の位置に「場所」がきたりもします。

He strippedthe wall ofthe paint.*

(彼は壁から塗装をはぎ取った

≒直訳:壁と塗装を引き離した)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

細かな訳は違うものの、「引き離す」という意味合いで一網打尽に理解できますね。

 

熟語に前置詞が出てきたら、丸暗記するのではなく、「なぜこの前置詞が使われているのだろう?」と考えるクセを付けてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

<参考記事>前置詞ofをイメージで理解する

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>rob 人 of モノ 型の動詞をまとめて理解 […]

  2. […] rob 人 of モノ型の動詞をイメージでまとめて理解 […]