【なぜofか】”rob A of B”の動詞まとめ -イメージ理解

前置詞

 

今回はrob A of B型の動詞の意味をまとめたいと思います。

 

いくつかパターンはあるのですが、前置詞ofのイメージさえ理解できれば、全てスルっと理解できてしまうのです。

 

前置詞ofのイメージ? むずかしそう…

 

 

死ぬほど簡単に説明するので大丈夫!

 

rob A of B型の動詞まとめ

まずは、rob A of B型の動詞を一覧で示します。

 

rob A of Bで「AからBを奪う」という意味になりますが、動詞の形が違っても、全て本質的には似たような意味になるんですね。

 

なお、

  • A= 人/場所
  • B=モノ

が基本的な語順です。

 

rob 人 of モノ型の動詞まとめ
  • rob 人 of モノ:人からモノを奪う
  • clear 場所 of モノ:場所からモノを取り除く
  • cure 人 of 病気:人の病気を治す
  • deprive 人 of モノ:人からモノを奪う
  • empty 容器 of モノ:(容器などから) モノを取り除く
  • relieve 人 of モノ:人からやっかいなモノを取り除く
  • rid 人 of モノ:人からモノを取り除く
  • strip 人 of モノ:人からモノをはぎとる

⇒ofは「分離」のイメージ

 

* 文脈次第では「人」や「モノ」の代わりに、相当する別の名詞が入る可能性アリ。文脈で判断

 

 

よくわからない…

 

 

意味を理解するために、前置詞ofのイメージを説明します。

 

前置詞ofのイメージは「所属からの分離」

前置詞ofのイメージは、ズバリ「所属からの分離」です。

 

前置詞ofには、「もともと所属していたところから分離する」というニュアンスがあるのです。

 

実は、分離のofの意味を強調したのが、offという単語の成り立ちです。offにもやはり分離の意味合いがありますよね。

 

 

下の図がofのコアイメージです。もともと所属していたBから、Aだけが分離して離れていく、というイメージで捉えてください。

 

たとえば、rob 人 of モノであれば、

「人」と「モノ」が離れていくイメージなんです。

 

 

誰かが「人」を襲って、「モノ」を引き離してしまう。そのようなイメージなのです。

 

 

ofには「所属からの分離」の意味がある

という点を頭に置いたうえで、一つ一つの表現をチェックしていきましょう。

 

 

なお、ofについては、下記でさらに詳しく説明しています。5分程度で読めるので、よろしければぜひどうぞ。

参考記事:前置詞ofをイメージで理解する

 

rob 人 of モノ

rob 人 of モノで「人からモノを奪う」という意味になります。

 

 

先ほどの説明の通りですね。

 

誰かが「人」を襲って「モノ」を離すイメージです。

 

 

例文はコチラ。Maryとher bagを引き離しています。

He robbed Mary of her bag.

(彼はメアリーからバッグを奪った

≒直訳:メアリーとバッグを引き離した)

 

 

また、「人」の部分に「場所」が来ることもあります。ただ、「場所」と「モノ」を引き離している点は同じです。

The men robbed the bank of five million dollars.

(その男たちは、その銀行から500万ドルを奪い取った

≒直訳:その銀行と500万ドルを引き離した

 

clear 場所 of モノ

clear 場所 of モノで「場所からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

clearには「取り除く」という意味があります。

 

robと似ていますね。「人」と「モノ」を引き離すのでofを使っています。

 

 

コチラが例文です。

Let’s clear the walk of snow.

(歩道の雪を片付けよう

≒直訳:歩道と雪を引き離そう)

 

cure 人 of 病気

cure 人 of モノで「人からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

cureには「治す、治療する」という意味があります。

「物事をクリアにする→キレイにする、取り除く」という発想です。

 

ofを使っているのは、「人から病気を引き離す」という意味合いを出すためです。

「人」から「病気」を引き離せば、病気を治療することになりますね。

 

 

コチラが例文です。

The doctor cured her of her disease.

(その医者は彼女の病気を治した

≒直訳:彼女と彼女の病気を引き離した)

 

deprive 人 of モノ

deprive 人 of モノで「人からモノを奪う」という意味になります。

 

 

depriveには「奪う」という意味があります。

ofを使っているのは、「人から病気を引き離す」という意味合いを出すためです。

「人」から「病気」を引き離せば、病気を治療することになりますね。

 

 

コチラが例文です。

They deprived him of his freedom.

(彼らは、彼の自由を奪った

≒直訳:彼と自由を引き離した)

 

 

なお、細かいですが、robとdepriveには次のような違いがあります。余裕のある方は頭に入れてくださいね。

 

  • rob:不法行為をして奪う(強盗など)
  • deprive:罰を与えたり権利を侵害して奪う

 

empty 容器 of モノ

empty 容器 of モノで、「(容器などから) モノを取り除く」という意味になります。

 

 

emptyには「空(から)にする」という意味があります。

車の燃料がなくなると「empty(エンプティ―)」というマークがつきますね。

 

ofを使っているのは、「容器からモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

「容器」から「モノ」を引き離せば、中身を空にすることになりますね。

 

 

コチラが例文です。

He emptied the drawer of its contents.

(彼は引き出しから物を取り除いた

≒直訳:引き出しと中身を引き離した)

 

relieve 人 of モノ

relieve 人 of モノで、「人から(やっかいな)モノを取り除く」という意味になります。

 

 

relieveには「解放する、楽にする」という意味があります。

 

ofを使っているのは、「人からやっかいなモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

 

 

コチラが例文です。

He relievedme of my anxiety.

(彼はわたしから不安を取り除いた

≒直訳:わたしと不安(=やっかいなモノ)を引き離した)

 

rid 場所 of モノ

rid 場所 of モノで、「場所からモノを取り除く」という意味になります。

 

 

ridには「取り除く」という意味があります。

 

ofを使っているのは、「人からモノを引き離す」という意味合いを出すためです。

 

 

コチラが例文です。

He ridthe house of mice.*

(彼は家からネズミを取り除いた

≒直訳:家とネズミを引き離した)

 

* ridの過去/過去分詞形はridが普通。英国で能動態で使われるときのみ、ridded

 

 

なお、get rid of~で「~を取り除く」という意味の熟語になります。ridは、こちらの表現の方が有名かもしれません。

He got rid of a bad habit.*

(彼は悪い習慣をやめた

≒直訳:悪い習慣を取り除いた)

 

strip 人 of モノ:人からモノをはぎとる

strip 人 of モノで、「人からモノをはぎとる」という意味になります。

 

ofを使っているのは、「人からモノを引き離す」というニュアンスを出すためですね。

 

 

コチラが例文です。文脈次第では、「人」の位置に「場所」がきたりもします。

He strippedthe wall ofthe paint.*

(彼は壁から塗装をはぎ取った

≒直訳:壁と塗装を引き離した)

 

おわりに

いかがでしたか? 細かな訳は違うものの、「引き離す」という意味合いで一網打尽に理解できますね。

 

前置詞が出てきたら、丸暗記するのではなく、「なぜこの前置詞が使われているのだろう?」と考えるクセを付けてくださいね。当ブログの前置詞カテゴリーでも、前置詞にまつわる話をたくさん取り上げています。

 

コメント

  1. […] <参考記事>rob 人 of モノ 型の動詞をまとめて理解 […]

  2. […] rob 人 of モノ型の動詞をイメージでまとめて理解 […]