【時制に注意!】it is time that SV-の意味とは【仮定法】

仮定法

 

今回はit is time that SV-「もうSVしてもよい頃だ」について解説します。

 

これは仮定法に関する表現で、“SV-“部分の時制に注意する必要があります。

また、時制の一致、主語が一人称/三人称単数の場合も要チェックですね。

 

 

どういうこと…?

 

 

 

一緒に確認していきましょう。記事は5分程度で読めますよ!

 

it is time that SV-の意味は「そろそろSV-してもよい頃だ」

まずは全体像を確認しましょう。意味と注意すべき点は下記の通りです。

 

ポイント
<意味>
・it is time that SV-: そろそろSV-してもよい頃だ
≒ it is high time that SV-
≒ it is about time that SV-
<用法>
  1. SV部分には仮定法の時制を適用 (過去形を使用)
  2. 仮定法なので時制の一致は起きない
  3. 主語が一人称単数、三人称単数の場合、be動詞はwasを使用
  4. it is time for A to V-で書き換え可

 

 

<用法>の部分がよくわからない…

 

順に説明していきます!

 

SV部分には仮定法の時制を適用 (過去形を使用)

まずは具体的な用例を見てみましょう。

 

It is time that you went to bed.

≒It is high time that you went to bed.

≒It is about time that you went to bed.

(君はそろそろ寝てもよい頃だ)

 

 

ポイントは、現在の話をしているにもかかわらず、goが全て過去形になっている点ですね。

 

仮定法というのは、「現実に反するコト」を表現するものです。

 

この時点で「君は寝ていない」のです。そこで、「君は本当なら寝ているべき時間だけど、現実を見れば君は寝ていない ⇒ もう寝なさい」というコトを仮定法を使って表現しているのですね。

 

仮定法なので時制の一致は起きない

仮定法なので、時制の一致は起きません。

 

具体例はコチラ。

It was time that you went to bed.

(君はそろそろ寝てもよい頃だった)

 

 

“It was time~”のように、「~してもよい頃だった」と過去形が使われていますね。

にもかかわらず、”you went to bed”の部分は”had gone“とはなっていません。

 

“is⇒was”となったのに、”went⇒had gone”というズレが起きていないのですね。

 

主語が一人称単数、三人称単数の場合、be動詞はwasを使用

主語が一人称単数、三人称単数の場合、be動詞はwasを使用します。

 

一般的に、仮定法だと主語に関係なくwereを使用することが多いですが、この表現に限っては違うのですね。

 

こちらが例文です。

It is time that he was leaving.

(彼はそろそろ立ち去ってもよい頃だ)

 

it is time for A to Vで書き換え可

it is time that SV-は、it is time for A to V-で書き換え可能です。

 

「AはそろそろVしてもよい頃だ」と訳せばOKです。

 

 

こちらが具体例です。

It is time that he was leaving.

⇒ It is time for him to leave.

(彼はそろそろ立ち去ってもよい頃だ)

 

 

なお、意味はあまり変わらないと考えて問題ありません。

 

ただ、あえて違いを挙げるとすれば、it is time SV-の方が、「まだやっていないの?」という気持ちが強く込められています。

 

仮定法を使っているので、「現実に反するコト」というニュアンスが出ます。「本当はやっているべきなのに、まだやっていない(=現実にしていないの?)」という意味になるのですね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

不明点等あれば、コメント欄にお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
仮定法 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. Hideyo Yasuda より:

    大変わかりやすい説明、有難うございました。ここではwent bedとなっていますが、went to bedではないでしょうか?

    • NN より:

      コメント誠にありがとうございます。おっしゃる通りです…コピペで執筆したので、全て”went bed”になっておりました…。全て修正しておきました。大変助かります。