【実は〇〇と同じ】仮定法現在で原形が使われる理由とは?【提案/要求/決定】

仮定法

 

今回は仮定法現在についてまとめてみたいと思います。

 

仮定法現在とは、「提案」「要求」「決定」の意味合いを持つ動詞が使われたとき、

その後ろ (that節内)が必ず”should V”か”V”になる現象です。

 

 

具体的なイメージがわかない…

 

 

実は、似たような感覚で使っている文法事項を、みなさんは中学の初めの方で習っているはずです。

 

 

え…?

 

 

一体どういうことなのか?

 

一緒に見ていきましょう!

 

「提案」「要求」「決定」の意味合いを持つ動詞が仮定法現在と結びつく!

まずは仮定法現在になるパターンの動詞の意味と、具体例を見てみましょう。

 

 

下記でまとめられている動詞のとき、仮定法現在を使うことが多いです。

 

注目すべきポイントは次の二点です。

  • 「提案」「要求」「決定」などの強い意味と結びついている点
  • that節内の動詞が「時制の一致」、「三人称単数」のルールなどと関係なく、必ず原形かshouldになっている

 

 

仮定法現在を取りやすい動詞

<提案>

suggest提案する、propose提案する、recommend勧める、advise助言する

 

<要求>

demand要求する、ask要求する、request要請する、require求める、desire強く望む、order命令する、urge強く言い張る、insist 要求する

 

<決定>

decide決める、determine決める

 

※「現実になっていない感」を出すために原形を使用。「suggest: 示唆する」「insist: 主張する」のように、「すでに現実になっていること」を意味として含む場合、仮定法現在にはならない

 

that節内が原形 / shouldになる理由

最後にthat節内が原形 / shouldになる理由についても触れておきたいと思います。

 

仮定法現在が使われるのは、

  • 「頭の中にあるだけで、事実になっていないコト。まだ実現しておらず、これから行動を起こすコト」であるため

と説明されることが多いです。

 

 

「まだ実現していない感」を表すために、生のままの形である動詞の原形を使っています

 

 

これって、命令形と同じ感覚ですね。

 

たとえば命令形で、

Be quiet, please.

(静かにしてください)

 

と表現するとき、「be quiet (静かにする)」という状態は実現されていませんよね。

 

まだ静かになっていないから、「静かにしろ!」と言っているわけですもんね。

 

 

 

ただ、that節の中で「時制の一致を受けない」「三人称単数が主語でも動詞にsが付かない」というルールは、英語話者にとっても違和感があったようです。

 

そこで、shouldを付けてその違和感をごまかしたのだ、と一説には言われています。

shouldは「提案」「要求」「決定」「主張」が持つ強い意味との相性も良いですね)

 

 

 

というわけで、「まだ実現していない感」が出ていれば、先ほど挙げた動詞以外のパターンでも、動詞に原形が使われることがあるのですね。

 

これは比較的珍しいケースですが、一応例文を示しておきます。

 

if節内の出来事が、話の時点では確定していないニュアンスを出すため、”be”という原形が使われています。

If need be, I will lend you the book.

(もし必要であるなら (=必要かどうか、話をしている時点では確定していないニュアンス)、わたしは君にその本を貸してあげるよ)

 

 

that節内が原形にならない場合もある?

上述の動詞を使っていても、「提案」「要求」「決定」「主張」といった強い意味でなければ、that節内は原形 / shouldにはなりません。

 

 

例えばsuggestで考えてみましょう。

 

suggestには「提案する」のほかに「示唆する」という意味もあります。suggestが「示唆する」という意味の場合、that節内は原形 / shouldにはなりません。

 

なぜかというと、「示唆する」というのは、「すでに実現していること/現実になっていることを示唆する」という含みがあるためですね。

 

 

こちらが例文です。that節の中が”is improving”になっている点に注目です。

The survey results suggest that the economy is improving.

(その調査の結果は、経済が良くなっていることを示唆している)

 

 

 

また、insistも「要求する」「主張する」という意味があります。insistが「主張する」の場合は、「すでに現実になっていること(自分の意見の正しさなど)を主張する」という含みがあるので、やはり原形 / shouldにはなりません。

 

こちらが例文です。

He insisted that he was right.

(彼は、自分が正しいと主張した/強く言い張った)

 

おわりに

いかがでしたか? 英作文や読解ではもちろん、文法問題でもちょくちょく突っ込まれる分野なので、しっかり押さえておきましょう!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント