【簡単な覚え方とは?】suspectとdoubtの違い【意味】

英文法

 

今回はsuspectとdoubtの違いを取り上げたいと思います。

 

「疑う」という似た意味を持つ単語ですが、実はそれぞれ真逆の意味を持っているのですね。

 

 

どういうこと?

 

 

下記で詳しく確認していきましょう!

 

suspect「~であると疑う」、doubt「~でないと疑う」

suspect that SV-が「SV-であると疑う、思う」という意味なのに対し、

doubt that SV-は「SV-でないと疑う、思う」という意味になります。

 

 

どういうこと?

 

 

think that SV-を使って考えるとわかりやすいですよ!

 

 

suspectとdoubtの違い
  • suspect that SV-: SV-だと疑う、思う (≒ think that SV-)
  • doubt that SV-: SV-ではないと疑う、思う (≒ don’t think SV-)

 

 

例文はコチラです。

I suspect that she stole money.

= I think that she stole money.

(私は、彼女がお金を盗んだのではないかと疑っている)

 

I doubt that she stole money.

= I don’t think that she stole money.

(私は、彼女がお金を盗んだのではないと疑っている)

 

 

上の例文は、「彼女がお金を盗んだ犯人だ!」と彼女のことを疑っているわけです。

 

一方下の例文は、「彼女はお金を盗んだ犯人ではないよね!」と彼女が無罪だと考えているわけですね。

 

 

なお、比較的有名な覚え方として、

doubtとdon’t thinkの頭文字を結び付ける、というものがあります。

 

 

doubtはdon’t thinkと結びつくので、「~ではないと疑う、思う」

という意味になるというわけですね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント