【サクッと英会話】「十分すぎる/十二分の」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「十分すぎる」を英語で表現してみました。

 

日常会話でよく出てきそうな表現ですね。

 

一体どのように表現できるのか? サクッと確認してみましょう!

 

「十分すぎる」を英語で言うと?

「十分すぎる」の英語表現例は下記の通りです。

 

ポイント
  • more than enough: 十分すぎる、十二分の

 

「more than: ~以上」、「enough: 十分」という構成になっているのですね。

 

 

例文はコチラです。more than enoughは形容詞、名詞として使用されています。

<形容詞>

This house has more than enough space.

(この部屋は十二分なスペースがある)

 

I have more than enough money.

(わたしは十分すぎるほどお金を持っている)

 

Once is more than enough.

(一度でも十分すぎる)

 

<名詞>

You’ve said more than enough.

(少し言葉が過ぎるね  =十分以上のことを言った)

 

You’ve done more than enough already.

(これ以上お手を煩わせることは出来ません  =十分以上のことを既にしてくれた)

 

 

何度か音読しておくと、表現を自分のものに出来ますよ!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント