【驚愕】canが「あり得る(推量)」の意味で使えない場合とは【could/may/mightとの違い】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はcan「あり得る(推量)」が使えない場合を解説してみました。

 

canは「出来る(可能)」「してもよい(許可)」「あり得る(推量)」といった意味があるのですが、実は使うとおかしな意味になる場合が多々あるのですね。

 

 

たとえば、下記の文の違いはわかるでしょうか。どちらも「あり得る(推量)」の意味でcanが使用されています。

〇 Tokyo can be quite hot in summer. (東京は夏にかなり暑くなり得る)

× Tom can be in the hospital now. (トムはいま病院にいる可能性がある)

 

上は良くて、下はダメなcan「あり得る(推量)」の使い方なのですね。

 

 

一体、何を基準に判断しているのでしょうか? イメージ図付きで超わかりやすく解説してみました。

 

canが「あり得る(推量)」の意味で使えない場合まとめ

canが「あり得る(推量)」の意味で使える/使えない場合のルールは下記の通りです。

 

 

ポイント
<肯定文>
  • 一般的な可能性については使用可(内在的な能力としてイメージできるから)
  • 個別の可能性は使用不可(内在的な能力としてイメージできないから)
  • 個別の可能性に言及する場合は、may/might/couldを使用

 

<疑問文/否定文>

  • 一般的可能性/個別の可能性に関係なく使用可

 

※can only be~の形では、肯定文でも使用可

 

 

canというのは「出来る(可能)」という意味が最もポピュラーと思いますが、

「内在的に可能」というのがcanの根幹にあるイメージです。

 

 

 

 

一般的な可能性に言及する際は、「内在的な可能性」との相性が良いのですが、

個別の可能性に言及する際は、個別の表面的な事象を扱っているので、「内在的な可能性」とは相性が良くないのですね。

 

 

このことから、冒頭で紹介したような差異が生まれるのですね。

〇 Tokyo can be quite hot in summer. (東京は夏にかなり暑くなり得る =東京が夏に暑い、というのは一般的な可能性)

× Tom can be in the hospital now. (トムはいま病院にいる可能性がある =トムが入院しているかどうか、というのは個別の可能性)

 

 

なお、後者のように個別のパターンに言及する場合、代わりにmay/might/couldを使います。

Tom may be in the hospital now.

Tom might be in the hospital now.

Tom could be in the hospital now.

(トムはいま病院にいるかもしれない)

 

 

一方、否定文や疑問文では、一般的な可能性なのか個別の可能性なのかに関係なく、canの使用が可能です。

What he said can’t be true.

(彼が言ったことが本当であるはずはない)

 

He can’t be at home right now.

(彼がいま家にいるはずがない)

 

 

また、これは超細かい知識ですが、can only be~の形では、肯定文でも使用が可能です。

(私の推測ですが、onlyが付くことにより、否定文的な意味合いを帯びるためと思われます)

That can only be a mistake on their part.

(それは彼らの側のミスに違いない)

 

 

おわりに

いかがでしたか? 例文に一通り目を通したうえで、改めてルールを見てみましょう。先ほどより随分記憶に残りやすくなっているはずです。

 

 

ポイント
<肯定文>
  • 一般的な可能性については使用可(内在的な能力としてイメージできるから)
  • 個別の可能性は使用不可(内在的な能力としてイメージできないから)
  • 個別の可能性に言及する場合は、may/might/couldを使用

 

<疑問文/否定文>

  • 一般的可能性/個別の可能性に関係なく使用可

 

※can only be~の形では、肯定文でも使用可

 

 

ちなみに、「過去にできた」というcouldについても、注意が必要です。基本的には今回の記事と同じ発想で理解することが出来るので、ぜひ併せてお読みくださいね。

参考記事:【本当のcould】couldは「できた」という意味にはならない

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【驚愕】canが「あり得る(推量)」の意味で使えない場合とは […]