【全7種をまとめて暗記!】bring aboutとcome aboutの違いとは

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですが、bring aboutとcome aboutの違いはわかりますか?

 

それぞれ下記のような訳になります。

  • bring about: ~を引き起こす
  • come about: 起こる

 

 

なんか覚えづらい…

 

 

 

実はコレ、一発で覚えられる方法があるのです。

 

 

 

さらに、bring back, come back, bring in, come in, bring out, come out…などと、

bringとcomeには類似表現が全部で7つあるのです。

 

しかし、上記の方法を使えば、

7×2 =14個の熟語を一気に覚えることが出来ます。

 

 

スゴイ!

 

 

 

記事は約5分で読むことが出来ます。

これを機会に、類似表現を一気に覚えてしまいましょう!

 

bringは他動詞、comeは自動詞

まずは下記の二つを例に考えていきましょう。

 

  • bring about: ~を引き起こす
  • come about: 起こる

 

 

ポイントは、bringが他動詞で、comeが自動詞だという点です。

 

 

どういうこと?

 

 

 

bringは「~を持ってくる」という意味があるのですね。

つまり、他動詞 (=後ろに目的語が必要)です。

 

一方のcomeは「来る」という意味になります。

つまり、自動詞 (=後ろに目的語が不要)です。

 

 

そして、aboutは「近くに、周囲に」という意味を持ちます。

 

 

これをそれぞれ組み合わせると、

  • bring + about: ~を近くに持ってくる⇒ ~を引き起こす (他動詞)
  • come + about: 近くに来る⇒ 起こる (自動詞)

となるのです。

 

 

なるほど!

 

 

他の熟語も同様です。一気に確認していきましょう!

 

7つの熟語

まずは一覧で確認してみましょう。

 

<熟語一覧>

bring about: ~を引き起こす come about: 起こる
bring back: ~を持ち帰る come back: 帰ってくる
bring down: ~を下げる come down: 降りてくる
bring in: ~を持ち込む come in: 入ってくる
bring out: ~を出版する come out: 出版される
bring to: ~を正気づかせる come to: 意識を取り戻す
bring up: ~を話題に出す come up: 話題に上る

 

では、それぞれ個別に見ていきましょう。

 

bring about, come about

bring about: ~を引き起こす、come about: 起こる

は冒頭で紹介した通りです。

 

 

例文はコチラです。

He brought about many problems.

(彼は多くの問題を引き起こした)

 

Many problems came about.

(多くの問題が起きた)

 

bring back, come back

bring about: ~を持ち帰る、come about: 帰ってくる

 

 

これは、back「後ろへ、戻って」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring back ≒ 後ろへ持ってくる

come back ≒ 後ろへ来る

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

He brought back the book.

(彼はその本を持ち帰った)

 

He came back.

(彼が帰ってきた)

 

bring down, come down

bring down: ~を下げる、come down: 降りてくる

 

 

これは、down「下へ」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring down ≒ ~を下へ持ってくる

come back ≒ 下へ降りる ≒ 伝わる

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

He brought down the price.

(彼はその価格を下げた)

 

He came down from there.

(彼はそこから降りてきた)

 

bring in, come in

bring in: ~を持ち込む、come down: 入ってくる

 

 

これは、in「中へ」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring in ≒ ~を中へ持ってくる

come in ≒ 中へ入ってくる

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

It brought in a big change.

(それは大きな違いを持ち込んだ)

 

He came in.

(彼が入ってきた)

 

bring out, come out

bring out: ~を出版する、come out: 出版される

 

 

これは、out「外へ」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring out ≒ ~を外へ持ってくる (世に出す)

come out ≒ 外へくる (世に出る)

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

He brought out the book.

(彼はその本を出版した)

 

The book came out.

(その本が出版された)

 

bring to, come to

bring to: ~を正気づかせる、come to: 意識を取り戻す

 

 

これは、to「…に」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring to ≒ ~を…に持ってくる

come to ≒ …にくる

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

The news brought him to himself.

(そのニュースは彼を正気に返らせた)

 

He came to.

(彼は意識を取り戻した)

 

bring up, come up

bring up: ~を話題に出す、come up: 話題に上る

 

 

これは、up「上に」という意味から考えると理解しやすいですね。

 

bring up ≒ ~を上に持ってくる

come up ≒ 上にくる

というわけです。

 

 

例文はコチラです。

He brought up the matter.

(彼はその問題を話題に出した)

 

The matter came up.

(その問題が話題に上った)

 

おわりに

いかがでしたか? 一つ一つの単語の意味を考えれば、熟語も無機質な暗記にならずに済みますね!

 

今後熟語を覚える際、「なぜこんな意味になるんだろう?」と考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【全7種をまとめて暗記!】bring aboutとcome aboutの違いとは […]