「いまや~なので」は英語で?Now that SVの意味・用法まとめ

英文法

こんにちは、今回は「いまや~なので」を意味する表現を紹介します。

 

表現の幅が広がるね!

Now that SVの用法

「いまや~なので」はNow that SVで表現できます。用法はコチラ。

 

Now that SVの用法
  • Now that SV, S’V’: いまやSVなので、S’V’である。
 ※thatは省略可能

 

例文を見てみましょう。

 

Now that I am tired, I want to sleep. (いまやわたしは疲れているので、わたしは寝たい)

 

「いまやわたしは疲れているので」というNow that SVの中身が、後に続く文の理由になっていますね。Now that SVは、理由の構文として覚えておくと便利ですね。

 

文法的にやや踏み込んだ話をすると、Now thatは接続詞として働き、Now that SVのカタマリは副詞節として機能します。thatは省略可能です(あってもなくてもどちらでもOK)。

 

あと、次のように、Now that SVのカタマリを文の後ろ側へ持ってくるのもOKです。ただ、Now that SVの構文自体が、「いまや~なので」を強調する意味合いを持っています。そのためもあってか、文頭で使用されるパターンが多いです。

 

I want to sleep, now that I am tired. (いまやわたしは疲れているので、わたしは寝たい)

 

おわりに

いかがでしたか?英作文や英会話で非常に使える表現ですので、ぜひNow that SV構文の使い方をマスターしてくださいね!

 

では!


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント